FOOTBALL RECORDS

川崎フロンターレ観戦記とアウェイゲーム録

*

【柏戦2017】前半の2点を守りきり暫定首位にフロンターレ浮上

      2017/03/28

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

川崎フロンターレ 試合結果

ACL日程の関係で平日開催のリーグ戦は柏レイソルを迎えての対戦。奈良竜樹選手が久しぶりに先発出場をはたした。

川崎フロンターレ 2-1 柏レイソル (等々力陸上競技場

42′ 谷口彰悟 (川崎)

45+1′ 中村憲剛 (川崎)

60′ 武富孝介 (柏)

試合後記

等々力競技場についた頃には前半30分くらい。平日開催だとなかなか試合開始から見るのは厳しい。

アウェイの柏レイソル側は狭いゾーンながらびっしりと詰まっていた。

18,000人以上がかけつけた両サポーターの声援も大きい。

前半はフロンターレペース。後半はレイソルペースで両クラブ共に攻めまくる展開。

前半42分と45分過ぎに立て続けに川崎フロンターレが先制、リード。しかし2−0のスコアが一番サッカーでは危険と言うように後半はレイソルに押し込まれてしまう。

昨年から守備意識がよくなったおかげで危ない場面も多かったが、守りきりフロンターレは暫定ながら単独首位になった。

鬼木達監督 コメント

まず平日開催という中で、多くのサポーターに来ていただいて、勝つ試合を見せることができました。ゲームの中で言いますと、前半、とにかく立ち上がりから自分たちでボールを握るというところ、もう1つは相手に時間を与えずに徹底して前から行こうというところで、非常に良い形で得点も含めてゲームを進められた。90分のところで言いますと、当然相手は後半、かさにかかってくるだろうという話をしていました。そういう中で押し込まれる時間があったことは残念ですけど、その点を含めてしっかり勝ち切れたことは次につながると思っています。 引用元:川崎フロンターレ公式

中村憲剛選手 コメント

ACLを含めてホームは2引き分けだったですし、内容的にもまだまだだなと思うところもあった。今日は何より勝ったこと、自分たちがやりたいことをだいぶ体現しながらやれたことは良かったと思います。今日ぐらいファイトできれば、そんな簡単に崩されるチームでもない。ボールを持った時の攻撃の質や精度という部分では欠けていたところもあったので、それをもっと良い形で完結したいですし、それができれば本当に隙のない、圧倒できるチームになれると思う。そこに向かってみんなでやっていきたいと思います。
 引用元:川崎フロンターレ公式

川崎フロンターレ タイムライン

 - 川崎フロンターレ, 柏レイソル