副業できる働き方と、100人100通りの人事制度があるサイボウズとは

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

サイボウズ本社に行ってきた

東京都中央区日本橋の交差点の近くにあるビルに入ったサイボウズ本社。その受付は多様性を表現する動物たちのオブジェなどが並んでいたり、カラフルな雰囲気。社外のお客さんと社員とが交流できるラウンジとしての機能もあるとのこと。

眺望は最高。目の前には東京スカイツリーが!

三井グループの総本山・日本橋を望む。

サイボウズが目指す新しい働き方とは

最近、副業オッケーの働き方で社員募集をしている記事で話題になった。100人いたら100通りの人事制度があるというサイボウズの考え方。その思想に共感を覚え応募した方もかなり多いとか。副業についても本業に影響を与えるものではなく、あくまでも副業を行うことで本業の成果や自己の成長にもつながることを推奨しているようだ。

また働く時間や場所を自分でも決めることができるウルトラワークという制度。育児しながらなど個人の制約をとっぱらいストレスフリーで働きながらパフォーマンスを発揮できる環境は、まるで欧米企業のようだ。

サイボウズはどんなサービスを出しているのか

グループウェアの「サイボウズ Office」、「kintone」、「サイボウズLive」などを主軸に販売している。社名は、「電脳」を意味する「cyber」と、親しみを込めた「子供」の呼び方「坊主 (bozu)」の造語(「電脳社会の未来を担う者達」という意味も込めている)。

公式マニュアルはこちら

サイボウズの本

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか (青野慶久:著)

kunihirostudy