東京の再開発

京王調布駅前にシネマコンプレックス、ビックカメラが2017年秋開業

投稿日:2017年1月9日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

京王調布駅周辺の再開発

京王線・相模原線(調布駅付近)連続立体交差事業により、2012年に地下化された調布駅地上部と周辺を開発し、2017年度に商業施設(3棟)を開業させる。
目玉はC館のシネマコンプレックス「イオンシネマ」。11スクリーン2100席のシネコンが誕生する。

A館は、ファッション・雑貨・レストランなどの専門店中心の5階建商業施設。B館は、「ビックカメラ調布駅前店」が2017年秋に出店。地上1階~4階の売場となる。

京王調布駅ビル

京王調布駅ビル

C館にはイオンシネマが入る。

京王調布駅ビル

京王調布駅ビル

京王調布駅周辺の再開発MAP

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

中野駅と中野サンプラザ(中野区)一帯を再開発、1万人アリーナやホテル、商業施設の駅ビルも

中野駅ビルを建て替え、モデルは大井町か JR中野駅ビルをホーム上を大きく跨ぐように建て替える。キーテナントにはアトレを誘致する計画。また、サンプリング中野など中野駅周辺を一体的に再開発。オフィス、ホテ …

日比谷に35階建で新ビル、東宝創業の地で都内最大シネコンや屋外テラス

新日比谷プロジェクト 地上35階建のビルに、低層階の商業施設としてTOHOシネマズが都心最大級のシネマコンプレックスを出店。 1階にはイベントスペースの日比谷ゲートプラザを設ける。4階には11スクリー …

日本橋に51階建てオフィス、ホテルが2025年誕生、野村證券ビルを保存

日本橋に超高層ビル 日本橋に隣接したエリアに、再開発ビル3棟の整備と合わせ、COREDO日本橋を改修、地区内に総延床面積約499,000㎡(日本橋一丁目三井ビルディングを含む)の施設群が誕生する。20 …

渋谷パルコ(渋谷区宇田川町)が2019年秋に建替え、パルコ劇場や本社機能も

渋谷パルコが建替えで2019年秋にリニューアル 渋谷パルコが2017年3月に着工、新しい施設として2019年秋の開業を目指す。建て替えは、宇田川町の再開発計画に伴うもの。約5,380平方メートルの敷地 …

JR・東急渋谷駅再開発、屋外展望台がある超高層ビルに変身!埼京線や銀座線ホームも移転

渋谷駅ビルが47階建の超高層ビルに もともと東急東横線の渋谷駅ホームや東急百貨店があった場所に、東棟、中央棟、西棟の3棟を建替え。東棟は2019年度、中央棟·西棟は2027年の竣工を予定、3棟合計で延 …