東京の再開発

新国立競技場が2020年東京五輪メイン会場に、デザインは隈研吾氏

投稿日:2017年2月1日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

隈研吾デザインによる新国立競技場

2020年開催が決まった東京オリンピックのメイン会場に隈研吾氏デザインによる新国立競技場。8万人収容規模のスタジアムとなり、オリンピック使用後はJリーグなどの試合が可能なスタジアムに改築を計画している。

新国立競技場MAP

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

原宿駅前の再開発

NTT都市開発が原宿駅前に商業、住宅複合の再開発

NTT都市開発が原宿駅前で再開発 原宿駅前の再開発 NTT都市開発は、東京都渋谷区で計画している商業・住宅系の複合開発事業「原宿駅前プロジェクト」は、総延べ約2・7万平方メートル規模の建物2棟を建設。 …

東京駅前(八重洲1丁目、2丁目)再開発計画、大型バスセミターと小学校、ホテルなど2棟のビル

八重洲1丁目東地区 東京建物は、東京駅前八重洲一丁目東地区市街地再開発事業を発表。地下バスターミナルのほかオフィス、カンファレンス、病院などが入る計画。 建設予定地の現在の様子(2017年1月) 八重 …

京王調布駅前にシネマコンプレックス、ビックカメラが2017年秋開業

京王調布駅周辺の再開発 京王線・相模原線(調布駅付近)連続立体交差事業により、2012年に地下化された調布駅地上部と周辺を開発し、2017年度に商業施設(3棟)を開業させる。 目玉はC館のシネマコンプ …

日本橋室町三丁目に商業施設、ホール、屋外広場がある26階建オフィスタワー

日本橋室町三丁目地区再開発 敷地面積11,480平方メートル、延床面積約168,000平方メートル、地上26階、地下3階建の大規模再開発。地上25階~5階にはオフィス、3階にはホール、2階~地下1階に …

東急が南町田グランベリーモール跡地に大型商業施設を2019年オープン

東急がグランベリーモール跡地に大型商業施設を開発 東急田園都市線の南町田駅前にあったグランベリーモール跡地の再開発で東急が概要を発表した。 町田市と一緒になって南町田駅、鶴間公園と一体開発を行う計画。 …