東京の再開発

東京駅前に日本一高い61階建て超高層ビル、三菱地所が建設し2027年完成

投稿日:2017年1月8日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

東京駅前に日本一高いビルを建設

三菱地所は、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区3.1ヘクタールを再開発し、2027年度に高さ390mの超高層複合ビルを含む4つの棟と7000m2の広場を開業すると発表した。

オフィス、変電所、下水ポンプ場、駐車場などに使用しない非業務面積として約6万m2を想定している。非業務面積には、約7000m2の大規模広場は含まない。約6万m2の中に、最大規模となるB棟を中心に、商業施設、ホテル、展望台などを配置する予定だが、非業務面積の比率を含めて、今後、詳細を決定する。

三菱地所の「常盤橋街区再開発プロジェクト」の一環で、JR東京駅の八重洲口の北側にあたり、現在は朝日生命大手町ビルやJXビル、大和呉服橋ビルが立っている。ここに4棟のオフィスビルや変電所施設、下水ポンプ場などが建設される計画。

建設予定マップ

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

池袋サンシャイン通りに、東急が首都圏最大シネコン(12スクリーン2500席)2019年開業

東急が池袋サンシャイン通りにシネコン 東急不動産と佐々木興業が進めている「(仮称)東池袋一丁目シネマコンプレックスプロジェクト」は、地下2階地上14階建ての商業ビルを建設。12スクリーン・約2500席 …

JR品川新駅(山手線、京浜東北線)が2020年暫定開業、駅デザインは隈研吾氏

品川新駅を着工 JR東日本は9月6日、田町駅と品川駅の間に新設する「品川新駅」(仮称)の概要を公表。山手線と京浜東北線の駅として、2020年春の暫定開業、24年の本開業を目指す。 デザインアーキテクト …

ゆいの森あらかわ(荒川区)に吉村昭記念文学館や図書館

荒川二丁目に文化複合施設 荒川区に、中央図書館、吉村昭記念文学館、子ども施設が一体となった「ゆいの森あらかわ」が建設中。 荒川図書館の建替えに伴う新たな図書館として、約60万冊の蔵書や約800席と、荒 …

JR社宅跡・竹芝ウォーターフロント開発、四季劇場など2020年6月完成

劇団四季劇場があるエリアを再開発 JR東日本浜松町社宅、劇団四季劇場があるJR東日本アートセンター、シーサイドホテル芝弥生などがあるエリアを再開発。 A棟・・・地上26階、地下2階、ホテル、オフィス …

松坂屋跡にギンザシックス(中央区銀座)蔦屋書店や観世能楽堂、サンローラン・ディオールも

銀座最大規模のブランド旗艦店が集結する 銀座エリア最大の商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」が、東京・銀座六丁目に2017年4月20日オープン。 2013年6月閉店した松坂屋銀座店の跡地 …