東京の再開発

東京駅前(八重洲1丁目、2丁目)再開発計画、大型バスセミターと小学校、ホテルなど2棟のビル

投稿日:2017年1月8日 更新日:

Share on LinkedIn
Pocket

八重洲1丁目東地区

東京建物は、東京駅前八重洲一丁目東地区市街地再開発事業を発表。地下バスターミナルのほかオフィス、カンファレンス、病院などが入る計画。

建設予定地の現在の様子(2017年1月)

八重洲2丁目北地区

三井不動産は、東京駅前八重洲エリアにおいて最大級の敷地面積1.3haを超える開発事業を発表。オフィスや地下バスターミナル、ホテルからなる複合超高層ビルとなる。また低層階には中央区立小学校も入る。

地下4階地上46階塔屋1階建て延べ41万8000平方メートル。大部分をオフィスフロア(延べ31万1300平方メートル)が占め、その上の階層に外国人の中長期間の利用を想定した居住・滞在施設(延べ2万6000平方メートル)、地下にバスターミナル(延べ3900平方メートル)などを設ける。

低層部にはインターナショナルスクール(延べ9500平方メートル)を誘致。駐車場の収容台数は840台を想定している。

建設予定地の現在の様子(2017年1月)

八重洲再開発マップ

-東京の再開発
-, ,

執筆者:

関連記事

上野松坂屋に新ビル開業へ、パルコやシネコンが入居(2014年3月オープン)

上野松坂屋の南館跡にパルコ 地下1階から10階までの低層部は商業施設とし、地下1階は大丸松坂屋百貨店が本館地下1階と一体で食品フロアを運営。 1階から6階にはパルコが商業施設を出店。7階から10階には …

西日暮里再開発で、文化施設と住宅、商業施設

西日暮里駅前の再開発 JR西日暮里駅前に文化施設(大ホール1500席程度、イベントホール300~400席程度、ギャラリーなど)と住宅、商業施設、広場が入る複合施設を建設。2025年度完成予定。JRと日 …

JR・東急渋谷駅再開発、屋外展望台がある超高層ビルに変身!埼京線や銀座線ホームも移転

渋谷駅ビルが47階建の超高層ビルに もともと東急東横線の渋谷駅ホームや東急百貨店があった場所に、東棟、中央棟、西棟の3棟を建替え。東棟は2019年度、中央棟·西棟は2027年の竣工を予定、3棟合計で延 …

日本橋室町三丁目に商業施設、ホール、屋外広場がある26階建オフィスタワー

日本橋室町三丁目地区再開発 敷地面積11,480平方メートル、延床面積約168,000平方メートル、地上26階、地下3階建の大規模再開発。地上25階~5階にはオフィス、3階にはホール、2階~地下1階に …

渋谷パルコ(渋谷区宇田川町)が2019年秋に建替え、パルコ劇場や本社機能も

渋谷パルコが建替えで2019年秋にリニューアル 渋谷パルコが2017年3月に着工、新しい施設として2019年秋の開業を目指す。建て替えは、宇田川町の再開発計画に伴うもの。約5,380平方メートルの敷地 …