首都圏の再開発

横浜北仲タワー(横浜市)にオークウッド進出、分譲マンションや展望フロアも

投稿日:2017年1月9日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

横浜北仲タワープロジェクト概要

三井不動産レジデンシャルと丸紅は、横浜市中区の北仲通北地区に地上58階、地下1階、高さ199.95mの超高層複合施設を建設。 施設は総戸数約1100戸の分譲住宅及び宿泊施設、商業施設、文化施設で構成。 2020年2月に竣工する予定。

分譲マンションは5~58階(46~51階を除く)。 46~51階にはサービス付き長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッド」が入る。 46階には展望フロア(面積約880㎡)も。1~2階には延べ約6000㎡の商業・文化ゾーンが整備。 スーパーマーケットやカフェ、レストランなどが入る。 また、横浜市認定の歴史的建造物である「旧横浜生糸検査所付属生糸絹物専用 B号倉庫およびC号倉庫(倉庫棟)」が復元され、横浜市指定有形文化財「旧横浜生糸検査所付属倉庫事務所 (通称:北仲 BRICK)」とともに、音楽・アートなどの発信拠点となる。

横浜北仲タワーMAP

-首都圏の再開発
-

執筆者:

関連記事

横浜スタジアム

横浜スタジアム(横浜市)DeNAが東京五輪に向けてボールパーク構想

DeNAがコミュニティボールパーク構想を発表 横浜スタジアム2018年に開業40年を迎え老朽化と収容人数不足が大きな課題となっている。2020東京オリンピックの野球、ソフトボール会場となることから増築 …

水戸市泉町の旧京成百貨店跡地に、水戸市民会館を建設

泉町一丁目北地区再開発 水戸市の旧京成百貨店跡地に、水戸市民会館などが入る複合施設を整備。2020年末の完成を目指す。 基本設計は伊東豊雄建築設計事務所・横須賀満夫建築設計事務所JVが担当する。地下1 …

ぴあが、横浜みなとみらいに1万人アリーナ建設、2020年春完成

ぴあが大型アリーナを民間初建設 チケット販売などを手がける「ぴあ」は、音楽に特化した大型コンサートアリーナを、横浜市西区みなとみらい地区に建設すると発表。収容客数は約1万人(着席時)で、開業は2020 …

ところざわサクラタウン(所沢市)図書館・美術館・博物館の複合施設が2020年開業

クールジャパンフォレスト構想 埼玉県所沢市の旧所沢浄化センター跡地(東所沢和田3丁目31番地)に、株式会社KADOKAWAの新しい製造・物流拠点と図書館・美術館・博物館を融合した日本初の施設を建設。 …

神奈川大学が横浜みなとみらいに進出、21階建の新キャンパス

みなとみらい43街区に神奈川大学 みなとみらいの43街区により神奈川大学(横浜市神奈川区六角橋)が進出決定。 神奈川大は、「みなとみらいキャンパス」(仮称)として、地下1階地上21階建て延べ4万660 …