FOOTBALL RECORDS

川崎フロンターレ観戦記とアウェイゲーム録

*

試合終了間際の2得点!フロンターレ年間2位以上確定(広島戦、2-0)

      2017/03/28

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

川崎フロンターレ 試合結果

川崎フロンターレ 2-0 サンフレッチェ広島  (等々力競技場

84′ 森谷賢太郎 (川崎)

90+5′ 中村憲剛 (川崎)

試合後記

肌寒くなってきた10月。残り3試合で年間1位の浦和を追いかけるフロンターレ。広島カープ優勝で盛り上がる広島を迎える。

img_5253

川崎市内唯一の相撲部屋・春日山部屋の解散問題で注目の塩ちゃんこは、春日山部屋という名前を取り、「かわさき塩ちゃんこ」として販売していた。

img_5255

今日は陸前高田ランド秋と題し、東北復興を兼ねた物産販売などが一堂に集まるイベント。名物「大和田家のかき」もやってきた。オープン前から長蛇の列が並ぶ。

img_5256

Lサイズ蒸し牡蠣が500円!!

img_5261

陸前高田名物の餅投げも始まった。

img_5262

フロサポにはお馴染みのわんちゃん。おとなしくお留守番?

img_5264

今期は優勝争いから早くも離脱してしまったサンフレッチェ広島。

20161022_131125

大宮アルディージャとのアウェー戦後のトラブルで自粛していた応援団・川崎華族がコールリーダーを交代し復活。

20161022_131558

試合は前半は広島ペース。川崎フロンターレのパスミスが目立つ。チャンスは作れるものの最後が仕留めきれない。そんな状態のまま後半は少しづつ軌道修正してペースを掴み出す。スコアレスドローを予感した矢先、森谷賢太郎のミドルシュートが決まり先制。ロスタイムには中村憲剛のゴールも決まって勝利した。年間首位の浦和も勝ったため勝ち点差1はそのまま。2ndステージは3位から2位浮上した。

風間八宏監督コメント

これからもっと強いチームになっていくためには、いろんなミス、いろんなアクシデントがあっても、落ち着いて90分を続けるということを言っていましたけど、初めにあんなにミスをするとは思っていませんでした。それ以外は落ち着いてやってくれました。自分たちの基準というか、どうしても高くなればなるほどそれにいらついてしまって、敵を見られなくなることもある。そういう意味では、今日は敵を常に意識してゲームをしてくれたと思います。非常に良いゲームだったと思います。

中盤の真ん中を狙ってくるのは当たり前なのですが、ちょっと今日は1つだけ、だんだん良くなってきたのですが、(大島)僚太が久しぶりだったので、フリーの定義がちょっとずれたかなと。そこで捕まってしまって、いつもの球さばきが見られなかった。本当はもう少し早くポジションを変えようと思ったのですが、なかなかボールが出なかったので。あのへんまで引っ張ったのですけど、それからだんだん良くなってきましたし、僚太がだんだん慣れてくれればいいかなと。今日は久しぶりだったので、そういう意味では慣れてくれればいいかなと。そういうゲームだった。

そこだけではないですけど、その辺の、フリーの定義を間違ってしまうと、そこで正確にやれればスピードの差は出ますけど、目がちょっと遅れると捕まることがあると。そこを徹底的に、個人個人で意識して。でも、それはできる選手なので、そんなに心配することはないかなと思います。 引用元:川崎フロンターレ公式

ツイッタータイムライン

 - サンフレッチェ広島, 川崎フロンターレ , , ,