FOOTBALL RECORDS

川崎フロンターレ観戦記とアウェイゲーム録

*

J2とJ3最終節ですべて決まる!FC東京U23の久保建英は惜しいシュートも(J3)

      2017/03/28

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

J3 試合結果

FC東京U23 2-3 セレッソ大阪U23 (夢の島陸上競技場

49′ ユ インス
90+1′ ユ インス

試合後記

最終節までJ2もJ3も優勝、昇格、降格が決まらなかった。まさに運命の1日。試合観戦しながらオンデマンドなどで他会場の速報を見ていた方が結構いました。新木場駅近くにある夢の島競技場にはじめて行ってきました。観衆は2800人。久保くん効果で相変わらずJ3の試合も人気に。

img_6164

FC東京U23の試合観戦は4試合目。昨日JユースカップではFC東京U18が優勝を決めている。

img_6165

フードトラックが数台、夢の島にもきていました。

img_6166

開門とともに入場し、FC東京の社長とハイタッチしてメインスタンドへ。豊洲や京葉線、羽田空港から離陸する飛行機などが見えます。

img_6167

ゴール裏とバックスタンドは芝生席。決して大きな競技場ではないが雰囲気はいい。

img_6180

ドロンパもハーフタイムに登場。

img_6186

試合は前半からボールを保持するもなかなかC大阪のディフェンスを崩せない展開。後半もボールを保持するFC東京とロングボールで攻撃するC大阪との接戦。そのなかイユンスが先制。途中交代で注目の久保建英が入って攻撃はより増す。終了間際にキーパーと1対1の場面もあったが真正面で決めきれず。初ゴールはおお預けとなった。

ユインス選手コメント

今日の試合は、みんなが「最後の試合だ」と強い気持ちで戦いました。誰一人サボることなく、全員で走り切りましたし、自分が点を取れたのも、周りのサポートがあったおかげです。1点目は林(容平)選手が足下に良いボールをくれたので、相手を見て落ち着いて決めるだけでした。2点目は相手GKのミスでもありますが、周りの選手が良いボールをくれるので得点することができました。アウェイでのC大阪U-23戦で非常に悔しかったので、その悔しさを晴らすために全員で戦いました。今季は初めてのプロのシーズンで、戸惑いもあり、自分の課題も見えました。もっと点を取れるチャンスがあったと思うので、チャンスを確実に決められるようにしていきたいです。いろいろな感情が混ざったシーズンでしたが、来シーズンはこの経験を生かし、結果を求めるシーズンにしたいと思っています。 引用元:FC東京公式

久保建英選手コメント

途中から何度も惜しいチャンスがあり、良い形で押し込めていたので、「今日は(点が)入るかもしれないな」と思っていました。1試合目も2試合目もシュートを打つことは狙っていたのですが、1試合目はそれらしいシュートチャンスもなく、2試合目は1、2回打てるチャンスを打たずに後悔していた部分があったので、3試合目はチャンスがあったら狙っていこうと思っていました。結果、入らなかったのですが、シュートを打てたことは前進したかなと思います。

(アディショナルタイムのシュートの場面は)これ以上ないという形でパスが来て、GKをしっかり見ていたのですが、途中で判断を変えることができずに相手に読まれてしまいました。ちょっと緊張してしまって自分らしくないなと思いました。GKも見えていたのですが、最後は何も考えられなくなってしまってアウトサイドでサイドに蹴ったのですが、読まれていましたね。

実力は3試合を通して変わっていないと思います。慣れてきたことで、ちょっとずつ対応できているかなと思っています。実力がまだまだ足りないので、慣れてきてもピッチに立っているみんなのようにはまだできないところもありますが、ここからもっと頑張って、同じようなレベルでできるように頑張ります。 引用元:FC東京公式

Jリーグ 2016年シーズンのJ2降格チームは

同じ日にJ2、J3の最終節が行われ、来季のJ1昇格に札幌、清水が決定。松本山雅は勝利するも得失点差でプレイオフとなった。プレイオフはC大阪、岡山、京都も出場し残り1つの昇格枠を戦う。またJ3降格は北九州が決まり、金沢はJ3の栃木SCと対戦する。J3から大分がJ2昇格を決めた。

【J2優勝セレモニー】 コンサドーレ札幌 2016年

【J1昇格祝い】 清水エスパルス 2016年

 - FC東京 ,