FOOTBALL RECORDS

川崎フロンターレ観戦記とアウェイゲーム録

*

ボールは疲れない。ボールもカブも自転車も走った。(松本山雅戦、2-0)

      2017/03/28

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

IMG_5212

1stホームでの試合は最終戦。昨年にピーカブから、カブレラというマスコットに生まれ変わったキャラクターの生誕を記念する「カブの日」としてイベントが開催。今季、J1昇格した松本山雅FCを迎え、多くのサポーターたちが等々力に来てくださいました。

IMG_5215

株主優待生活で一躍有名になった桐谷さん、元々はプロ棋士として活躍された知る人ぞ知る存在。またカブトムシを多く育ててる哀川翔さんがトークショー、始球式などでゲストで登場。

IMG_5217

大型カブトムシのヘラクレスも展示されていた。

IMG_5216

ハーフタイムには桐谷さんが自転車で等々力陸上競技場のトラックを全速力走行をして場内をわかせた。

IMG_5233

試合開始前には、日本代表GKで元川崎Fの川島永嗣もかけつけ挨拶をした。アウェイ側は横浜FM、FC東京、浦和並みの観客がつめかけど迫力。試合前から気合が入った松本山雅サポーターの声が川崎側を上回っていた。

IMG_5225

印象的だったのは試合前のボールパーソンへの拍手、そして昨年まだ松本山雅にいて今季川崎に移籍した船山貴之選手紹介の時の大拍手を松本山雅サポーターから送られたこと。船山選手への応援する気持ちと昨年までの感謝の思いが込められていた。川崎Fもよく他クラブに移籍した選手へ拍手して応援している気持ちを伝えてるが、あのまとまった感じは素晴らしかった。

試合は、前半からテンポよく小刻みなパスワークで川崎Fが翻弄、後半は松本山雅が1トップから2トップに変えたことで多少のばたつきはあったが修正したため終始圧倒したゲームだった。船山貴之の移籍初ゴールの期待があったが、船山によるアシストにレナトが頭で合わせて前半45分に先制。後半は相手ハンドによるPKを獲得したが大久保嘉人が外す。後半20分にエウシーニョが追加点を奪い完封勝利を飾った。

松本山雅の激しいプレスにも川崎Fの個人技が上回った形だったが、何度となくカウンター攻撃を仕掛けた松本山雅の攻撃は決定力が足りなかった印象。今日のフロンターレの攻撃はパスで崩すパターンだけでなくミドルシュートもサイド攻撃も多彩にやったのは好材料だったと思う。

 - 川崎フロンターレ, 松本山雅FC , , , ,