FOOTBALL RECORDS

川崎フロンターレ観戦記とアウェイゲーム録

*

【天皇杯2016】因縁の大宮を撃破し元旦決勝で鹿島と再び!ACL出場権も獲得(大宮戦、0-1)

      2017/03/28

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

川崎フロンターレ 試合結果

大宮アルディージャ 0-1 川崎フロンターレ (日産スタジアム

85′ 谷口 彰悟

大宮のハードなプレスに苦戦するも、辛抱強くしのぎ後半の終了間際に谷口のゴールで天皇杯決勝進出

試合後記

リーグ戦の大宮戦アウェイでは荒れに荒れた試合だっただけに、リベンジしたい相手。日産スタジアムにて天皇杯準決勝が行われました。

新横浜駅前では相鉄線から東横線へつながる地下鉄工事が進む。

日産スタジアムをホームとする横浜Fマリノスは大阪で鹿島アントラーズと準決勝。

カブレラとふろん太も駆けつけた。コムゾーは大人の事情で欠席。

大宮から多くのサポーターが駆けつけたが、川崎からは2階席も埋まってしまうほど大勢集まった。

試合は前半からパスがつながらず大宮の激しいプレスに苦しむ。ネットが不調なのかいつものペースがつかめない。それでもGKソンリョン、DFエドウの守備と大宮がシュートを外してくれたおかげでしのぐ時間が進む。

後半、登里から大島僚太に交代すると徐々に攻撃のリズムがよくなり、終了間際に谷口が押し込み先制。そのまま守りきり天皇杯決勝進出を決めた。

風間八宏監督コメント

厳しい試合でしたけど、やっぱり、勝つことに選手がものすごく固執してくれたので、その結果勝てたと思います。クリスマス、元日と男所帯でうれしいなとみんなで言っていたところです。あと1試合、頑張りたいと思います。

サッカーですので、いつもみんながうまくいくというわけではないのですけど、特にハーフタイムに言ったのは「相手の狙いを見てやれ」ということで、前半は特に、相手をよく見ていなかったと。真ん中を閉めてくるならそこをフェイクに使っていろいろなことができると思うのですけど、そこが欠けたかなというのはあります。それ以外でも、ケガ明けの選手がいましたし、コンディションが思ったようには全員がそろっていない。正直、今日は一人一人のパフォーマンスが、グラウンドもあると思いますけど、ボールを持つという意味では良くなかったなと思います。ただその中でも、そう簡単にはやられないだろうなというのは見せてくれた。そのへんがだいぶ、チームが成長してきたところかなとは、今日は見えました。 引用元:川崎フロンターレ公式

中村憲剛選手コメント

どっちに転がってもおかしくないゲームだった。執念があったと思うし、今年に関しての悔しさは、こっちが上だった。それでも崩れずに自分たちで我慢しながら勝機を見出すという、シーズンの勝ち方ができた。そこでブレちゃいけないというところで、本当に良い声がけをしていた。みんなそれぞれが個々でやらせなかった。拮抗したこういう試合はセットプレーが重要で、その中でショウゴ(谷口彰悟)が決めたのは大きかったと思う。あそこでよく足を出して決めてくれた。ショウゴに関しては苦しいときに身体を張ってくれたし、声を出したりと今年は成長してくれ頼もしかった。そういうあいつにボールが来て、決めてくれた。フロンターレにとっても大きいこと。こういうしぶとい勝ち方ができるようになったのは成長した部分。自分たちでボールを保持して攻め続けるということはやっているし、期待している部分でもあるので。ただ、それができないときでも焦れないで、我慢して、と出来た。小さい頃からテレビで毎回見ていたし、いつかここでやりたいなと漠然と思っていた部分もあった。ただ、気付いたらあれよあれよと14年経っていたので、そこに向けての想いは強いと思っているし、ただ、決勝に勝たないといけない。フロンターレとしても優勝という結果が欲しいので。鹿島が勝ち上がってくるなというのは漠然と思っていたけど、チャンピオンシップで負けた悔しさは拭えないし、そこのリベンジを果たすという意味でもこれ以上ない相手。自分たちの持っているものすべてを出せるように頑張りたい。 引用元:川崎フロンターレ公式

大久保嘉人選手コメント

相手にコンパクトにされた時こそ、フリーの定義が大事になるが、それができなかった。ああいうコンパクトにしてきたときに、ディフェンスがマークに付いていても、前の選手に出してほしい。すぐに預けてくれれば相手の守備にギャップが生まれるし、みんなが受けることができれば、相手は空く。そうすれば、フロンターレとしてのリズムが作れた。鹿島戦はリベンジ。今日のようなサッカーにはならないと思うが、落ち着いてフロンターレのサッカーをしたい。集大成を出せればいい。 引用元:川崎フロンターレ公式

谷口彰悟選手コメント

こういう決勝点というのは経験があまりないですし、導くことができたというか、フロンターレの勝利に貢献できたというのは個人的にはうれしいですね。 引用元:川崎フロンターレ公式

ツイッタータイムライン

 - 大宮アルディージャ, 天皇杯・高校サッカー, 川崎フロンターレ ,