FOOTBALL RECORDS

川崎フロンターレ観戦記とアウェイゲーム録

*

【大宮戦2017】小林悠がゴールも、セーブもアシストも!憲剛も、SHISHAMOも?

      2017/03/28

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

川崎フロンターレ 試合結果

前売チケットが即完売してしまい自宅にてDAZNで試合観戦。後半開始早々に混線するトラブルがあったけどゴールシーンは見ることができた。鬼木監督新体制となって、新加入の家長選手や阿部選手がスタメンに。前半は拮抗した試合で、後半に森本を投入してから流れは変わる。コーナーキックから小林悠がヘディングで先制。危ない場面では悠がセーブをしシュートを止める場面も。さらに中村憲剛のゴールもアシストした。

大宮アルディージャ 0-2 川崎フロンターレ (NACKファイブスタジアム

66′ 小林悠 (川崎)

90+2′ 中村憲剛 (川崎)

鬼木達監督 コメント

試合を通して言いますと、川崎らしい戦いかと言われればそうではなかったと思います。ただ本当に、こういう長いシーズンを戦っていく上では色々な勝ち方があると思いますので、また新しい勝ち方ができたかなと思っています。 引用元:川崎フロンターレ公式

中村憲剛選手 コメント

内容的には、まだまだ両手を挙げて万歳できる内容ではなかった。その中でもしたたかにやれたと思う。セットプレーで一点とって、しっかり守って、時間を使って、最後に隙をついていく。序盤はそこまでフィットしていないので、そういう戦い方も必要になっていく。これで良いとは誰も思っていないが、もっともっと良くなっていくという手応えもある。今までは良い試合をしても、隙を作って負けてしまったこともある。この試合でそれがすべて解消できたわけじゃないけど、去年の悔しさを思い出しながらやれているし、それが結果につながったところもあると思う。まだまだなのはみんなわかっているが、最終的に勝つという足並みはズレてはいけない。相手は開幕戦で、コンディションの問題もあったが、これを引き分けや負けにするよりは、しっかりと勝ってというのは、新チームにとっては大事なこと。 引用元:川崎フロンターレ公式

小林悠選手 コメント

リーグ開幕戦で3年連続で取っていたので、今年も取れるかなという感覚はあった。根拠はないが、試合中からいけるんじゃないかという精神状態だった。ACL水原戦で取れたのも大きかった。まだ2試合しかやっていないが、この調子が続いていけばいいかなと。チームとして内容は良くなかったが、泥臭く勝つことができた。フロンターレらしいサッカーかというと、そうではなかった。でも勝つことが大事。フロンターレに新しいサッカーが加わったのかなと。前半は相手に守られて本当に苦しかった。自分としてもやっていて楽しくなかった。パスが回らないし、イージーミスでボールを取られることが多かったので。ただ、そこで前半を失点ゼロで終えられたのは、後ろの選手が声を張ってくれていたから。ソンリョン(チョン ソンリョン)やショウゴ(谷口彰悟)を中心にしっかりやってくれていた。ハーフタイム、みんな今日は良くないなという感じだったが、後半しっかりいこうと話したし、みんな集中して勝ちに行く雰囲気になれた。そういう意味でも前半の失点ゼロが大きかった。後半はセットプレーが鍵になると思っていた。ケンゴさん(中村憲剛)から素晴らしいボールが来たので、あわせるだけだった。今日に限っては絶対に自分が決めないといけないと思っていたし、セットプレーになるごとに絶対に自分が取ると思っていた。強い気持ちを持って決めることができた。今年からキャプテンになってJリーグ開幕戦ということで、本当に1勝が欲しかった。結果が一番欲しかった。それはオニさん(鬼木達)も同じだと思う。 引用元:川崎フロンターレ公式

川崎フロンターレ タイムライン

後半ロスタイムには中村憲剛が追加点を決めて、やべっちFCで宣言通りジャスティスのゴールパフォーマンスを披露した。試合後にはゴール裏にSHISHAMOメンバーが駆けつけた。

チャントの原曲にもなってる「明日も」が収録されたSHISHAMOの新アルバム発売中!

Jリーグ中継のDAZNで障害も?

 - 大宮アルディージャ, 川崎フロンターレ , ,