FOOTBALL RECORDS

川崎フロンターレ観戦記とアウェイゲーム録

*

【甲府戦2017】大島僚太不在と甲府の堅守で、完敗に近いドロー

      2017/04/09

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

川崎フロンターレ 試合結果

フロンターレはボールを保持し支配するも、甲府の守備を崩せない。後半にはチョンソンリョンが甲府のドゥドゥと激突し負傷交代。交代カードの1枚をGKで使ってしまう。1発カウンター攻撃で先制を許すもセットプレーで奈良竜樹のゴールで追いつきドロー。

川崎フロンターレ 1-1 ヴァンフォーレ甲府 (等々力陸上競技場

90+1′ 河本明人 (甲府)
90+3′ 奈良竜樹 (川崎)

試合後記

霧雨模様の等々力に、ヴァンフォーレ甲府のフォーレちゃんが遊びに来てくれました。

1000人ものサポーターが甲府からかけつけ、声量では川崎サポーターに負けないほど大きな声援がスタジアムに響いていた。

怪我の大島僚太に変わって森谷賢太郎がネットとダブルボランチ。試合はちょっと窮屈な感じだった。大島がいないことによる攻撃の潤滑油がない状態。次節には建て直してほしい。

鬼木達監督 コメント

雨の中、多くの人が集まってくれた中で、本当に連勝という形にしたかったんですけど、それができなかったことが非常に残念に思っています。試合の方ですが、前半から少し後ろが重くなってしまって、動きのところでも相手にハマッてしまったような形で試合が進んでしまった。多少、そういうふうになるかなとは思っていたんですけど、思った以上に動きが出なかった。後半は動きを出そうと思いましたけど、なかなか思うような展開にならなかったというのが感想です。 引用元:川崎フロンターレ公式

奈良竜樹選手 コメント

こういう展開になるだろうと予想できた。焦れずにじわじわ押し込んで先に点を取れればよかったが。事前のスカウティングでも相手がカウンターを狙ってくるのはわかっていたので、前で起点を作らせないことを意識していた。ゴールは、狙い通りのゴールではないが、来たボールに合わせたという形。自分は得点を取る仕事をする選手ではないので、得点に大きなこだわりというのはない。自分のミスからの判断ミスからの失点だったので、それを取り返すのは当たり前だった。プラスマイナス0ではなく、今日はマイナスだったと思っている。失点場面は、僕がオフサイドトラップをかけに行ってしまった。あれは致命的なミス。オニさん(鬼木監督)から、オフサイドトラップに逃げるなとは言われていたが、あのシーンはとっさに出てしまった。まだ映像で見ていないが、普通についていけば、追いつけたはず。まだまだ自分の中で意識して直していかないといけない課題。試合を通じては守れていたし、カウンターも対応していたが、ああいうひとつのミスが試合を変えてしまったし、自分はそういうポジション。90分守れてもアディショナルタイムでやられていては、DFとしての仕事はやりきれていない。試合終了の笛が鳴るまで集中を切らしてはいけない。相手を抑え続けないと。次への課題として成長の糧にしたい。自分はロスタイムが7分だったことは知らなかった。7分あったので逆転できるチャンスもあったが、そのチャンスを作るには遅すぎた。もっともっとエンジンをかける時間を早めないといけない。取られてから目が覚めるようでは、勝点を落とすことになる。もっともっと自分たちからゲームを動かしていかないといけない。 引用元:川崎フロンターレ公式

中村憲剛選手 コメント

前半から一人余っている状態になっていて、それでハーフタイムに後ろを4枚に変えた。それは難しいところで、最初からそうすればよかったと言えるかもしれないが、それはやってみないとわからないところ。3枚の中で、いかに攻撃的にやっていくのかというところだったし、そこは個々の臨機応変さになってくる。前半に関して言えば、ナラちゃん(奈良竜樹)のところが空いていた。あそこをもっと簡単に使うべきだった。どこが空いていて、どこが嫌がっているか。最初からみんなで感じながらやらないといけない。相手は真ん中は固めている。外に1回開かせないと、なかなかあのブロックは崩れない。相手が狙っているのは縦パスを入れたときに潰してカウンター。だから、いつ縦パスを入れるのか。そこを共有しないといけないが、今日はそこが足りなかった。後半は4枚でハイネルとノボリ(登里享平)で阿部選手のところを徹底的にやっていた。最後、CKを取ったのもそこのサイドから。そういうのを全員が感じながら、どこを厚くして、どこが薄いのか。もっと全員が見ないといけない。勝点2を失ったとも言えるし、1を拾ったとも言える。でも自分たちはこういう試合を勝ちにもっていかないといけない。ましてや先に失点してはいけなかった。失点してはいけないけど、追いついたことは評価しないといけない。 引用元:川崎フロンターレ公式

川崎フロンターレ タイムライン

 - ヴァンフォーレ甲府, 川崎フロンターレ