FOOTBALL RECORDS

川崎フロンターレ観戦記とアウェイゲーム録

*

育成型クラブや女子サッカークラブ運営に、川崎を重ね合わせて想う

   

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

IMG_5675

2015年7月12日に放送された「やべっちFC」の人気コーナー「クラブヒストリー」でサンフレッチェ広島の歴史と題して、育成型クラブで地域に根ざして活動してるという内容を紹介されていた。

資金力がない地方クラブが、若手育成クラブという方針を創設以来から守り続け、日本代表選手や優勝を手にするほどにまで成長したという内容だった。

2015年度、川崎フロンターレではU-12世代から成長してきた、三好康児と板倉滉がトップチームに昇格。過去にはU-15出身の安藤駿介、可児壮隆、永木亮太、高山薫、木村祐志や、U-18出身の都倉賢などもいる。現在ジュニアユース世代の育成を強化しているので今後も続々と昇格をし、代表選手になってくれることを願ってる。

また、同日には女子サッカーのなでしこリーグがW杯の準優勝後、再開した。かつて東京電力女子サッカーチームが廃部になった折、川崎フロンターレが女子サッカークラブ運営に立候補するのではと報道もあったが、同クラブはベガルタ仙台に譲渡された。現在のところ川崎フロンターレが女子サッカークラブを運営する話は耳にしないが、近い将来やってくれことを願ってます。

 - シーズンオフ , ,