FOOTBALL RECORDS

川崎フロンターレ観戦記とアウェイゲーム録

*

【新潟戦2017】黒ユニで乗り込んだビッグスワンで2−0勝利

   

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

川崎フロンターレ 試合結果

かつては鬼門だったビッグスワン。昨年は攻略できたので、今年も勝ちきりたい。現在最下位の新潟は呂比須ワグナー監督になっての対戦となった。

アルビレックス新潟 0-2 川崎フロンターレ (ビッグスワン

39′ 小林 悠 (川崎)
62′ 中村 憲剛 (川崎)

鬼木達監督 コメント

ゲームのほうですけど、前半は少し重いような雰囲気がありましたけど、得点を取ったことによって自分たちらしいところもいくつか出せるようになりました。ただ、2点目を取ったあとのところで、また少しバタバタするところが出てしまったので、そこのところの意思統一がもう一つできると、もっともっと良くなっていくのかなというゲームだったと思います。 引用元:川崎フロンターレ公式

中村憲剛選手 コメント

理想は高いところにあるがピッチコンディションもあって、サッカーをやる上で難しいところもあった。でも、それがアウェイ。相手がやりやすい環境なんだと思う。そんな苦しいなかでも2-0で勝ったのは、次につながるはず。これでたくさんシュートを打って、勝てなかった、引き分けただったら先に続かない。勝ったことが大きい。日本の夏は内容と結果を求める気候じゃないので。相手も前がかりになってスペース自体はあったので、そこで正確にフィニッシュに行けたからゴールが生まれた。難しいことはしなくてもいいと思う。空いているサイドを使って、えぐれたらえぐって、えぐれなかったら戻してサイドを変えて、そこから行けたらいく、そしてまた戻す。そうすればスペースが空く。最近の課題は同じだが、自分も含めてどこをどう崩していくかというところ。空いたところを突いて崩して取ることができた。 引用元:川崎フロンターレ公式

川崎フロンターレ 試合後記

フロンターレサポーター限定に配布されたお菓子セットを新潟駅前の観光ガイドでゲット

平日ナイターということもあり、やや少なめのビジター席

新潟の守備とカウンターに手を焼くもソンリョンの好セーブ連発で、終わってみれた完封勝利。

ツイッターのタイムライン

 - アルビレックス新潟, 川崎フロンターレ