FOOTBALL RECORDS

サッカースタジアムガイドとJリーグクラブ応援歌集

*

【C大阪戦2017】首位追走の5発!東急コラボイベントで満開の花咲かす

   

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

川崎フロンターレ 試合結果

川崎フロンターレ 5-1 セレッソ大阪 (等々力陸上競技場

19′ 谷口 彰悟 (川崎)
45′ 小林 悠 (川崎)
52′ エウシーニョ (川崎)
58′ 森谷 賢太郎 (川崎)
68′ 柿谷 曜一朗 (C大阪)
89′ エウシーニョ (川崎)

試合後記

C大阪のアウェイでは負けてるだけに、勝って鹿島との差を縮めたい。

今日は東急コラボイベント、川崎の車窓から。

桜色の染まったビジター側。

24000人以上埋まった等々力陸上競技場。

5発快勝!鹿島と柏も負けたため、勝ち点差は5。

鬼木達監督 コメント

得点差がついたあとですね。そこのところで失点シーンもそうですけど、その前から少し緩くなっていたボールに対して、それは前半からのところですが、クロス一つとってもそうですし、シュート一つとってもそうですけど、もう一歩寄せられれば、ああいう結果にはならなかった場面もあります。前半からそういうところはありました。ただ、その失点によって最終的にもう一回エンジンがかかったということになりますので、失点をしなくても自分たちからエンジンをかけられるようにもっと持っていきたいと思っています。 引用元:川崎フロンターレ公式

中村憲剛選手 コメント

みんな気持ちが入っていたし、いいゲームだったと思う。ケガで何人かいなかったが、今までも総力戦で戦ってきた。ケンタロウ(森谷賢太郎)もタツヤ(長谷川竜也)も結果を残してくれて、チームとして前に進めるいい戦いだったと思う。点差とかに関係なく何点取ってもいい。スタジアムにはたくさんのサポーターが来ているわけで、最後まで貪欲さを出す、最後までやりきるのが自分たちの義務だと思っている。ただ、個人的には最後にありえない外し方をしてしまい、三好に平謝りした。今回は選手それぞれがいいところに出してくれたと思う。チームのベースはあるわけで、個性は違うが誰が入っても球際や切り替え、ハードワーク、そしてボールを握るという部分はぶれていない。カップ戦もいろいろな選手が出ながらでも、自分たちらしさを出せるようになってきている。試合前にとくに何か話し合ったわけではないが、チームとしてやるべきことをやろうといったときに、それぞれがスッとゲームに入れる。そして、なおかつ個性を出せるようになっている。それを試合のピッチで見せられたと思う。 引用元:川崎フロンターレ公式

ツイッターのタイムライン

 - セレッソ大阪, 川崎フロンターレ , , , ,