FOOTBALL RECORDS

サッカースタジアムガイドとJリーグクラブ応援歌集

*

【FC東京戦2019】開幕いきなりクラシコ、新戦力不発でスコアレス

   

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

試合結果

川崎フロンターレ 0-0 FC東京 (等々力陸上競技場)

FWダミアン、SBにマギーニョが先発。うまく機能しないまま、後半にマギーニョと馬渡を交代。その後は攻撃性がましていくも、FC東京の守備にブロックされスコアレスドロー。FC東京は先発の17歳・久保建英がキレキレの動きを披露し、存在感を残した。




鬼木達監督 コメント

まず開幕ということで多くのサポーターが集まってくれた中で、特にホームですし、その中で勝ち切れなかったことは残念に思っています。ゲームのほうは結果的に引き分けですけど、どっちに転んでもおかしくないようなゲームだったかなと思っています。自分たちのところで言うと、後半の良い流れの時間帯に1点入っていれば少しゲームを動かせたかなと思いますけど、トータルするとなかなか自分たちらしい時間は少なかったと思っています。そういう意味で言うと、また次に向けてやっていきたいと思います。

ボールを動かすところで少し風の影響もあったかもしれませんけど、相手のプレッシャーとかも含めて、少し安定感を欠いたかなと。そういうボールの動かしになってしまったかなと思います。ただ、押し込んでしまえば、そこのところはだいぶ自信を持って回っていましたし、そこのところが一番の要素かなと思います。

引用元:川崎フロンターレ公式

長谷川健太監督 コメント

アウェイで勝点1を川崎相手に取れたということは悪い結果ではないです。川崎を倒すためにキャンプから激しく集中力高い練習をやってきましたので、できればアウェイですが、勝って勝点3を持って帰りたかった試合でした。ただ、川崎もさすがで非常に押し込まれる難しい時間帯もあった。そういう時間帯をしっかり耐え忍んでということも今日はできたと思っています。終盤、行って来いの展開になっても、後ろはリスク管理しながら勝点3を狙いながらもしっかりと勝点1を取ることができた。昨シーズンは出来なかったのですが、そういう戦い方もできるようになってきた。白星スタートとは行きませんでしたが、勝点を1、上積みすることが出来ましたので、次の試合勝利を目指して準備を進めたいと思います。

引用元:川崎フロンターレ公式

中村憲剛選手 コメント

開幕戦のテンションと多摩川クラシコのテンションということで、2つ高まるところがあった。ゲームの球際も激しかったし、得点は入らなかったけど、見どころは多い試合だった。スタジアムを含めてテンションは高かった。前半、向こうにもチャンスもあって後半は僕らにもチャンスがあった。自分たちが決めていれば間違いなく勝っていたゲーム。自分も含めて外してしまった。そこは反省材料。開幕戦というピリッとしたゲームで、1点が勝負を分ける。後ろがゼロで守っていただけに、そこで決めないといけない。何年やっても課題は一緒。試合内容で言えば、前半は後手を踏むことが多かった。向こうにかなりロングボールを蹴られた。後半はしっかりとボールを握ることを始めてからは、得点の匂いはしていたが、質をより高めないといけない。決めれば、しっかり勝ったよねという内容だった。ただ決めないとこういう風になる。次に向かって、自分たちでわかっている。決めるだけ。そういう試合だった。開幕戦で、向こうも負けたくない。前半はかなり頑張ってきた。その分、後半は足が止まっていた。でも決めないと最後まで頑張られてしまった。やっぱり簡単じゃない。だからと言ってやり方を変える必要は全くないと思っている。手応えはあるが、まだまだのところもある。勝ちながら感じて進めていけるのが一番。チームの方向性は定まっているので、それぞれ反省するところは反省して、1人ひとりが突き詰めていけるかどうか。この1週間の過ごし方次第だと思う。次もホームでできる。ACLチャンピオンの鹿島が相手で簡単ではないが、今回の試合で見えたものを生かして勝点3を取りたい。

引用元:川崎フロンターレ公式




twitter タイムライン




 - FC東京 ,