FOOTBALL RECORDS

川崎フロンターレ観戦記とアウェイゲーム録

*

【鳥栖戦2019】知念の3戦連発でアウェイ勝ち点3を拾う

   

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

試合結果

サガン鳥栖 0-1 川崎フロンターレ (駅前不動産スタジアム)

51′‘ 知念慶(川崎)

中村憲剛、谷口、守田が怪我で欠場。大島が怪我から復帰し、下田とコンビを組んだ。鳥栖に押し込まれる展開が続くも、お互い決定機に決めきれず、後半に知念が先制弾。そのまま守りきってアウェイ勝ち点3を拾った。

鬼木達監督 コメント

まず、雨の中、アウェイで多くのサポーターが後押ししてくれたことと、選手たちが最後まで集中してやれたことで勝利というものをつかめたと思っています。前半は多少、スムーズさという意味で言うと物足りなさがありましたけど、相手の堅い守備というのは分かっていたので、我慢することが大切だと思っていました。後半、選手はしっかりと修正して、勝ち切ることができたので、すごく良かったと思っています。

引用元:川崎フロンターレ公式

ルイス カレーラス監督 コメント

まず、総括に入る前に、こういう雨の中、来ていただいたファンの皆さんに感謝の意を表したいと思います。彼らが選手たちに示すリスペクト、応援の仕方、すべてに感謝の言葉を述べたいと思います。

前年度のチャンピオンに対して、前半は特にチャンスを作り出して、相手を非常に脅かしたと感じました。後半の入り方も大事だと送り出して、最初の10分、15分のところですね。選手たちもしっかりやっていたと思います。私の目から見たらファウルではと思っていますが、そのプレーから相手に得点を与えてしまいました。とはいえ、そういった状況で彼らは前を向いて、最後まで戦い続けた。前半と比べるとチャンスの回数は少し、少なくなったかもしれないが、彼らは最後までよくやってくれました。

初戦の名古屋戦も後半の途中まで0-0で進み、得点を奪われ、そこから変わってしまっての敗戦。今日はそこからの変化。選手たちの立ち向かい方に関しては大きく進歩したかと思います。こういう状況下で何ができるか。目の前にあるトレーニングでしっかり、積み上げていく。前に進むしかないということで選手たちに話しています。続けるしかないです。勇気を持って前に進むことがこういう場面で必要だと思います。非常にたくさんの勝点を失っていますが、ここから先、しっかり取り戻せたらと思っています。

引用元:川崎フロンターレ公式




twitter タイムライン




 - サガン鳥栖, 川崎フロンターレ ,