FOOTBALL RECORDS

サッカースタジアムガイドとJリーグクラブ応援歌集

*

守護神ソンリョンの神セーブと、ミスによる失点で首位陥落(鹿島戦、1-1)

      2017/03/28

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

試合結果

川崎フロンターレ 1-1 鹿島アントラーズ

前半27分 カイオ(鹿島)
前半36分 エウシーニョ(川崎)

観戦後記

等々力緑地の桜も満開で、23,000人以上ものサポーターたちを迎えてくれました。

IMG_9694

今月から19年ぶりに川崎市内での開催となる春巡業で、隣接する「とどろきアリーナ」前には大相撲ののぼりが掲げられていました。

IMG_9697

今日のピコリーノは鹿島アントラーズ仕様。

IMG_9699

そしてフロンパークのイベントは、毎年恒例のイッツアスモウワールド。川崎市内にある春日山部屋とのコラボ企画はすっかり名物となってきました。今年は武蔵川親方(元・武蔵丸関)がゲストで来場。

IMG_9700

大相撲でおなじみの書体で選手紹介。

IMG_9703

フロンパークには仮設の土俵も登場していました。

IMG_9704

ひよの丸とのじゃんけん対決も!

IMG_9709

川崎名物の春日山部屋の塩ちゃんこは、今日に限り、味噌、カレー、キムチ味も味わえました。鹿島サポーターもたくさん並んで購入していました。

IMG_9705

国技館名物のやきとり、あんみつも出店!あんみつは国技館以外で発売するのは史上初らしいです。大島僚太選手が、あんみつ姫に扮してPRも!

20160402_125052

試合前には、武蔵川親方による始球式。

IMG_9719

試合は前半から後半まで、ベストメンバーを揃えた鹿島が、ほぼボールとゲームを支配しフロンターレは完全に受け手に回る展開。本来なら中村憲剛とコンビを組む、フロンターレの生命線ともいうべき大島僚太が怪我で欠場してピッチにいないだけど、こうもリズムが狂うのかと思ってしまう。憲剛のスルーパスもなかなか噛み合わない。谷口彰悟の左サイバックからのクロスも全然あわない。怪我明けの小林悠も、大久保嘉人の代わりに先発で入った森本もボールの収まりがよくない。逆に言うと鹿島アントラーズの植田直通と昌子源の若いDF陣に苦しめらえた感がある。

そんな押し込まれる展開の中、ミスで失点したとはいえ、その後は奈良とエデュアルドのセンターバックコンビと韓国代表GKのソンリョンが鹿島の攻撃をブロック。昨年までなら同じ展開で、守備が崩壊し負けていたゲーム。前日に浦和レッズが勝ったため勝ち点で抜かれて、川崎フロンターレは首位陥落してしまった。昨年までいたレナトのようなキレキレのドリブルで相手DFを抜き去り、ミドルシュートを打ちこむような助っ人がいてくれたらと思うのだが・・・、怪我人が多いなかで負けなかったのはポジティブに考えてもいいか。

IMG_9730

風間八宏監督(川崎)コメント

本当に自分たちのリズム(の時間)というのは試合の中では短かったですけど、逆にいうと、あまり良くないリズムの中でもうまくそれぞれの選手で調整できたかなと思います。どちらかというと、われわれがスムーズに試合をしたとはいえないかもしれないですが、それでも全体として最後まで勝負にこだわってくれたのは1つ、進歩かなと考えたいです。

石井正忠監督(鹿島)コメント

(フロンターレ対策について)前からプレッシャーに行って、自由にボールをつながせないことをまずはやろうと思っていました。あとは、そこで当然フロンターレさんのパス回しは質が高いので、かわされてしまう部分については、しっかりブロックを作ってサイドに制限を掛ける形で守備をすることを狙いにやりました。

谷口彰悟選手(川崎)コメント

(失点シーンは)間違いなく僕のミスですし、流れが悪くなかったぶん、ああいうことをやってしまったのは良くなかったかなと。相手がプレッシャーに来ているようで、(実際は)自分たちのペースでできていたので、行けるなという感覚があった。前半のうちに追い付けたのは良かったかなと。

ツイッターのタイムライン

武蔵川親方の始球式で等々力が盛り上がる

4月1日エイプリルフール企画

昨年の戦績

2015年リーグ戦・鹿島アントラーズ戦

 - 川崎フロンターレ, 鹿島アントラーズ , , ,