福岡ネイバーフッド文庫

東京にいながら、福岡愛を隣近所のようにつなぐ文庫

福岡の観光スポット

小倉城(北九州市)の観光とアクセス方法

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
Pocket

小倉城とは

本州と関門海峡をはさんで九州の門戸である小倉は、古くから陸海の交通の要衝として、また政治、経済、文化の重要な拠点として栄えてきました。小倉城は13世紀の中頃、紫川河口西岸にあった丘に築いたのが始まりで、後に戦国末期に中国地方の毛利氏が現在の場所に造りました。1602年、関ヶ原の戦いの功績から入国した細川忠興によって本格的な築城が始まり、約7年の歳月を経て完成しました。

構造は梯郭式平城で、天守は4重5階の大天守と1重の小天守からなる、連結式層塔型天守になっています。4階と5階の間に屋根のひさしがなく、5階が4階よりも大きくなっているのが特徴で、「唐造りの天守」といわれる所以の外観を見せています。最上階は、下階の白漆喰塗籠の外観と異なる黒塗りの戸板で囲われていることから「黒段」と呼ばれ、当時は全国唯一の城でした。また、城の石垣は足立山から運び出した自然のままの石を積み上げた野面積みからなり、豪快で野趣に富んでいます。

1837年(天保8年)に天守閣は焼失し、現在の天守閣は市民の熱望から史料をもとに1959年(昭和34年)に再建されました。内部は城の歴史や文化を学ぶゾーンや映像体験ゾーン、展望ゾーンなどで構成されています。

小倉城の行き方

JR小倉駅より徒歩約20分
福岡県北九州市小倉北区城内2-1

小倉城のMAP

入場料 一般350円
4月〜10月 9:00〜18:00 (入館は30分前まで)
11月〜3月 9:00〜17:00 (入館は30分前まで)
年中無休

-福岡の観光スポット
-,

執筆者:

関連記事

門司港レトロに、温泉・商業複合施設が2020年にオープン

門司港レトロの新浜11、12号上屋跡地再開発 地産地消やジビエ料理のレストラン、地域の食文化(地酒、焼きカレー、地元農家のマルシェ)を紹介する店などをテナントに迎える予定。

ノボルト(国内最大級の屋内アスレチック)がマリノアシティ福岡に誕生

マリノアシティ福岡に屋内アスレティック 国内最大級の屋内型スポーツ・アスレチック施設「ノボルト(NOBOLT)」が、マリノアシティ福岡の敷地内に誕生。2019年9月14日にオープンする。 「ノボルト」 …

スペースワールド跡に九州最大級のイオンモール、2022年開業目指す

スペースワールド跡にジ・アウトレット 昨年末に閉園したスペースワールド(北九州市)跡地を所有する新日鉄住金は、イオンモールと契約を結び2021年度中の開業を目指し新しい再開発を目指す。 イオンモールは …

博多駅近くの福岡東総合庁舎を11階建オフィスビルに建て替え

  JR九州、福岡地所、麻生は、福岡県の東総合庁舎を新しくオフィスビルに建て替えし、2024年春完成を目指す。 地上11階、地下1階のオフィスビルを計画。新博多県税事務所が入るほか、福岡県の …

博多駅前に三菱地所が13階建てオフィスビル建設、21年完成

博多駅とデッキで結ばれる新オフィスビル 福岡市博多区博多駅前4丁目に、三菱地所と深見興産が13階建てオフィスビルを建設。JR博多駅と歩行者デッキにて接続する。低層階は商業施設として飲食店などが入る。