福岡ネイバーフッド文庫

東京にいながら、福岡愛を隣近所のようにつなぐ文庫

福岡の雑学

西鉄のICカード「ニモカ(nimoca)」の使い方

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
Pocket

福岡生まれの電子マネー

「nimoca(ニモカ)」は、西日本鉄道の子会社である株式会社ニモカが発行する交通系ICカードです。九州で最も多い発行枚数を誇り、「nice money card」から引用した覚えやすいネーミングで、生活に溶け込む地域通貨を目指しています。カードにお金をチャージ(入金)した分だけ繰り返し利用でき、イメージキャラクターの「フェレット」が愛らしい爽やかなデザインが好評です。

バスや電車の乗り降りはこのカードをタッチするだけで精算し、きっぷの購入や小銭の出し入れが不要です。九州内の西鉄のバスや電車をはじめ、地下鉄やJRなど異なる移動手段でも1枚のカードで通行が可能で、また、nimoca導入バスや電車を利用することでポイントが付きます。また、全国にある交通系ICカードの相互エリアでも利用することができるため、東京はもちろんのこと、国内旅行や出張など広範囲にわたって活躍します。さらに、百貨店やショッピングスーパーなどの商業施設をはじめ、コンビニエンスストアや自動販売機など、電子マネーとして使えるエリアが続々と広がっています。

nimoca(ニモカ)カードは、九州内の西鉄バスなどのバス営業所、私鉄や市電の営業所、にしてつストアなどの商業施設やnimoca総合カウンターなどで販売し、価格は2,000円(うちデポジット500円、利用可能額1,500円)です。大きく分けて、会員登録不要の「nimoca」と会員登録が必要な「スターnimoca」(登録無料)の2種類になります。どちらもnimoca導入のバスや電車利用でポイントが付きますが、「スターnimoca」は加盟店のショッピングなどにもポイントが付き(一部ポイントがつかない店舗を除く)、カードを失くした場合は再発行できます(手数料が必要)。他に、バスや電車で残額不足の心配がいらない「クレジットnimoca」もあります(提携クレジット会社へのお申込みが必要)。
nimoca(ニモカ)カードへのチャージ(入金)方法は、電車のIC対応券売機や商業施設にあるチャージ機に紙幣を挿入するか、バスやコンビニエンスストアの「ローソン」では乗務員や店員にお申し出ください。カード内には、1,000円単位で最大20,000円までチャージができます。

-福岡の雑学
-,

執筆者:

関連記事

福岡から東京(羽田)までに移動は何がいい?飛行機?新幹線?お得は?

福岡発→東京行きのフライトが最も安い時期 福岡空港から羽田空港(東京)までの飛行機は4〜6月が最安で9,000円台で、最も高いのは11月〜1月で片道23,000円以上かかります。航空会社ごとに実施して …

博多駅周辺も容積率アップで、高層ビルに建て替えへ

博多駅前のビルを高層ビル化 福岡市は、JR博多駅から半径500メートルのビルを建て替え促進する「博多コネクティッド」を始めると発表した。 「天神ビッグバン」の博多版で、容積率を上乗せする独自の支援制度 …

スターフライヤーが東京有楽町にアンテナショップ

常設のアンテナショップでグッズも販売 スターフライヤーは、東京・有楽町にある東京交通会館の2階にアンテナショップをオープン。 「黒と白を基調とした演出でスターフライヤーの魅力を発信しており、今すぐスタ …

まんだらけ

福岡のジャニーズグッズの高価買取店はどこ?おすすめ専門店

ジャニーズグッズの高価買取おすすめ 福岡や九州地方で、ジャニーズグッズ(写真集・グッズ・CD・DVDなど)をはじめ、アイドルグッズを買い取ってくれるお店は、ネットでの買取専門店がおすすめです。 無料梱 …

西鉄バス、日本一のバス保有台数で福岡中を駆け巡る

路線バスでは日本一 西鉄バスは、年間輸送人員2億6000万人以上を誇り、年間走行距離は1億5000万キロ、1日1200台が稼働する福岡ではな欠かせな主要交通網です。 」 博多駅バスターミナル、天神、福 …