福岡ネイバーフッド文庫

東京にいながら、福岡愛を隣近所のようにつなぐ文庫

福岡の観光スポット

スペースワールド跡に九州最大級のイオンモール、2022年開業目指す

投稿日:2018-02-18 更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
Pocket

スペースワールド跡にジ・アウトレット

昨年末に閉園したスペースワールド(北九州市)跡地を所有する新日鉄住金は、イオンモールと契約を結び2021年度中の開業を目指し新しい再開発を目指す。

イオンモールは跡地と周辺の敷地、約27万平方メートルにショッピング、エンターテイメント、カルチャー、食の九州最大の複合商業施設を計画する。

埼玉のレイクタウンが敷地面積が約33万7000平方メートルなので、日本国内でも最大規模の商業施設になる見込み。

既存の「イオンモール八幡東」との相乗効果を図れる業態となる「“地域創生型商業施設”THE OUTLETS(ジ・アウトレット)」として、2022年春のオープンを目標に計画を進めるとしている。

所在地:福岡県北九州市八幡東区東田四丁目1番101外
敷地面積:約27万0000m2(プロジェクト全体面積)
延床面積:約7万5000m2
総賃貸面積:約5万8500m2
駐車台数:約4000台(敷地外駐車場含む)
開店予定:2022年春

児童文化科学館を併設

北九州市八幡東区桃園にある児童文化科学館を、老朽化のため移転させる方針。21年オープン予定。

西日本初の体験型英語教育施設

「(仮称)Kitakyushu Global Gateway)」は、日常から離れ、海外をイメージして作られたアトラクションでいつもと違う環境の中で、グローバルな世界を存分に体験しながら自然に英語を学習することができます。

KGGの出店により、新科学館、博物館群とあわせ八幡東田地区における「学び」を通じた拠点性(エデュケーションツーリズム拠点)の確立に繋がり、国内外からの誘客をさらに強化できるものと考えています。

-福岡の観光スポット
-, ,

執筆者:

関連記事

大名小跡にリッツカールトン福岡、2022年開業

リッツカールトンが福岡進出 大名小跡に西鉄、積水ハウスのグループが優先交渉権を獲得し、リッツカールトンを核とする。ホテル、オフィス、マンション、商業施設などが入居予定。2022年12月開業を目指す。 …

福岡の地元民が教えるオススメの人気観光スポット

福岡タワー(福岡市早良区) 電波塔と展望タワーの役割を併せ持ち、全長234メートルと海浜タワーとしては日本一の高さを誇っています。8000枚のハーフミラーで覆われた外観から「ミラーセイル」の愛称で親し …

スターフライヤーで羽田から福岡、北九州へ格安航空券で

スターフライヤーで福岡まで1万円台から 羽田空港から福岡空港、北九州空港まで格安で飛行してるスターフライヤー。真っ黒な期待が目印です。 主要路線は羽田から北九州、福岡、関西、山口宇部。そして名古屋〜福 …

博多国際会議場

西鉄が博多国際展示場&カンファレンスセンターが、21年春開業

2000人収容のホール2つ 西鉄は「博多国際展示場&カンファレンスセンター」を21年春開業を目指し大型会議場を建設。福岡空港から路線バスで約9分、博多駅から約6分の立地にある子会社の物流倉庫跡地。 約 …

ホークスが福岡移転30周年でドーム大改造、隣接地にエンタメビル

野球がない日も試しめる施設に大改造 福岡ソフトバンクホークスは、球団創設100周年を目指し、福岡ヤフオクドームの隣接地に、「エンターテインメントビル(仮称)」を建設。 また、ドームの映像表示装置「ホー …