福岡ネイバーフッド文庫

東京にいながら、福岡愛を隣近所のようにつなぐ文庫

Uncategorized 福岡の観光スポット

海の中道で三菱地所が、滞在型レクレーション施設

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LinkedIn にシェア
Pocket

三菱地所などが「パーク・ツーリズム」をコンセプトに、公園内に宿泊やアクテ ィビティの機能を備えた「滞在型レクリエーション拠点」等の整備。

2021 年 7 月に着工、 2022 年 3 月のグランドオープンを予定。


本公園を最大限に楽しむための拠点となる、球体テントを整備します。客室となる最大直径約 6m の球体テ ントは、夜に発光し、幻想的な風景を作ります。他にも、ヴィラ棟、アウトドアリビング、シーサイドキャビ ンと様々なタイプの宿泊施設を整備し、開放感のあるプライベート空間をお楽しみいただけます。

【浴場施設】

園内により長く快適に滞在できるよう、休憩や交流拠点としても利用可能な浴場施設を整備・運営します。 博多湾をのぞむ眺望を活かした浴場は、宿泊者以外の方も利用いただけます。

【レストラン・屋外 BBQ スペース】 既存のサイクルセンターをリノベーションし、レストランとして営業するほか、屋外 BBQ スペースも整備し

ます。福岡をはじめとした九州産の多様な食材や素材、その生産者に光を当てることで、訪れた人々が地元の 食材や各地域の魅力に出逢い、体験できる場を提供していきます。

【休憩施設(特定公園施設)等】

全ての公園利用者が気軽に利用できる休憩施設や屋内遊戯施設を整備し、訪れる来園者の交流を促進しま す。交流スペースでは、ファイヤーピットを整備し屋外空間の魅力を高めます。子どもに特化した創造性を刺 激する屋内遊戯施設では、雨天でも公園を楽しめる空間を創ります。

【非日常を体感する多様なアクティビティの提供】

博多湾やカモ池の穏やかな水面、玄界灘の荒々しい海を臨む海浜部、広大な広場とその奥に広がる松林な ど、公園内各所の特徴や魅力を生かしたアクティビティを提供します。多様なニーズや時代とともに変化する トレンドに合わせ、常に追加や更新を行うとともに、公園を核に周辺地域へ広がるアクティビティも提供する ことで、本事業が公園を含む海の中道エリアの魅力を発掘し、遊びつくす「パーク・ツーリズム」拠点となる よう努めます。

アクティビティ例)
1 アスレチックタワー

博多湾を一望できる立地を生かして、子どもから大人まで楽しめる大型 アスレチックタワーを新設します。ドイツ製の本施設は 3 層高さ約 17m と九州で最大級の規模を誇り、かつ自然に調和したデザインで す。遊びを通じた運動能力の向上や家族間やグループ間の会話が生ま れ、コミュニケーション向上も図れると好評の施設です。

2 ホーストレッキング 玄界灘海浜部にみられる白砂青松と青い海、志賀島方面につづく細長 い地形が特徴的な“海の中道”を堪能するホーストレッキングを提供 します。

3 SUP、カヤック 玄界灘と比べると穏やかな博多湾の海上を利用し、SUP やカヤックな どの各種スポーツプログラムを提供します。

4 アウトドアフィットネス、 博多湾をのぞむ広大なパノラマ空間を利用して、ヨガ、ノルディック ウォークなどの屋外プログラムを提供します。

▲アスレチックタワー イメージ

5 その他のプログラム 公園と志賀島をつなぐサイクリングや収穫体験、フィッシングなど、地域と連携したプログラムの提供、 拡充にも努めていきます。


【公募対象地域】

公募敷地面積:約 159ha
公募対象公園施設面積/約 25,000 m²

特定公園施設面積/約 7,000 m²

※施設面積は今後の詳細設計により変更する場合があります 用 途 地 域:市街化調整区域

主 要 用 途:宿泊施設・温浴施設・飲食施設等 建 築 主:三菱地所株式会社
基 本 設 計 者:株式会社オープン・エー
実 施 設 計 者:株式会社シミズ・ビルライフケア 事業 期間:20年間

運 営 開 始:2022年3月(予定)

【施設計画】

<公募対象公園施設>
・宿泊施設
(球体テント 13 棟・アウトドアリビング 12 棟・シーサイドキャビン 3 棟・ヴィラ 1 棟(2 室)) ・レストラン
・駐車場
・アスレチックタワー
・厩舎(ホーストレッキング)
<特定公園施設>
・屋内子供の遊び場
・屋内休憩所
・サニタリー棟
・ドッグラン

-Uncategorized, 福岡の観光スポット
-

執筆者:

関連記事

博多駅近くの福岡東総合庁舎を11階建オフィスビルに建て替え

  JR九州、福岡地所、麻生は、福岡県の東総合庁舎を新しくオフィスビルに建て替えし、2024年春完成を目指す。 地上11階、地下1階のオフィスビルを計画。新博多県税事務所が入るほか、福岡県の …

天神にNTT都市開発が、コリビングホテル「lyf(ライフ)」

NTT都市開発が天神にホテル NTT都市開発は日本初進出となるミレニアル世代(1989~1995年に生まれの世代)向けのコリビングホテル「lyf(ライフ)」と商業店舗から成る複合施設を建設。福岡市中央 …

北九州市内に西鉄が連結バス運行、小倉から戸畑、黒崎まで

2019年夏から運行開始 西鉄が北九州市内で連結バスを2019年夏から運行開始する。 デザインは、“北九州市の文化や伝統を身近に”というコンセプトのもと、江戸時代から続く特産 物「小倉織」をモチーフに …

天神ビッグバン、西通りや天神北など相次ぎ再開発が始動へ

西通り入り口を福岡地所などが開発 天神西通りに面した入り口にある天神西通りビジネスセンターと住友生命福岡ビルを解体し高層ビルに建て替えする計画、地下通路を同ビルまで延伸し広場と接続した出入口も整備する …

マリンメッセ福岡B館、2021年夏開館

マリンメッセ福岡隣接地に新展示場 博多港ウオーターフロント地区に建設予定の新展示場は、隣接するマリンメッセ福岡と大型の屋根でつなぎ、波をイメージした一体的な外観が特徴。 2021年夏の世界水泳選手権の …