かわさき新聞

川崎、武蔵小杉、溝ノ口、新百合ヶ丘のローカルニュース

*

JR 南武線の浜川崎駅と川崎新町駅間に新駅が2015年春開業

      2015/01/30

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

川崎市とJR東日本はJR南武線に新しい駅「(仮称)小田栄新駅」の建設を検討するほか、相互が協力して保育所の設置を進めることなどを盛り込んだ協定を結ぶことになりました。

この協定は川崎市とJR東日本が鉄道の利便性の向上のほか、保育環境を充実させるなど街づくりを協力して進めようと結ぶもので29日、川崎市役所で締結式が行われます。

協定では、JR南武線の市の中心部と臨海部を結ぶ路線にある浜川崎駅と川崎新町駅との間に新しい駅の建設を検討するとしています。
新しい駅は1日およそ3500人の利用者が想定されていて、およそ6万人が働いている臨海部の工業地帯へのアクセスの向上が期待されるということです。

また、市内の保育環境を充実させるため、JRの線路の高架下にある土地などを利用して保育所の設置を進めていくほか、2年後の夏に完成する予定のJR川崎駅の新しい店舗に、保育所などの子育て支援施設を設置することも検討するとしています。
JR東日本によりますと、自治体とJR東日本が街づくり全般における包括的な協定を結ぶのは今回が初めてだということです。(NHK)

 - 行政・暮らし , ,