かわさき新聞

川崎、武蔵小杉、溝ノ口、新百合ヶ丘のローカルニュース

*

川崎市が等々力緑地の民間提案募集開始

      2018/11/11

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

マーケットサウンディング実施

川崎市は等々力陸上競技場やとどろきアリーナなどが立地する等々力緑地の再編整備について、民間事業者から広く意見や提案を募集する「マーケットサウンディング」を実施。2019年1月をめどに提案結果を取りまとめ公表予定。

norman.jp 案

1・等々力陸上競技場改修

等々力陸上競技場のバックスタンド及び、サイドスタンド改修で、スタンド内にスーパー銭湯や飲食店を併設する案。試合がない普段でも営業を行い、日常的に市民が通える場所を目指す。スーパー銭湯は大浴場やサウナ、岩盤浴のほか、室内プールも設置。運営は民間のスーパー銭湯会社に委託する。

2・緑地カフェ

等々力緑地内に早朝から営業する2階建てのカフェを新設。テラス席や、カウンター席、ソファ席など様々なタイプの座席を用意する。運営は民間の飲食会社に委託する。

3・多摩川を望む展望施設

等々力緑地に隣接する多摩川を望める展望施設を設置。等々力緑地のシンボルとして、多摩川の水域監視設備としての機能も併せ持たせる。景観を損ねない程度の高さを制限したものにする。

 - 行政・暮らし