かわさき新聞

川崎、武蔵小杉、溝ノ口、新百合ヶ丘のローカルニュース

*

川崎駅前のキッズ脱毛ディオーネ、メリットとデメリットは?

      2020/02/19

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

最近では、脱毛は大人だけのものではなく、子どもの脱毛のシェア率もどんどん上がってきています。

その理由としては、脱毛の施術代金が昔より安価になり、気軽にサロンに通えるようになったことがあげられると思います。

スイミングやバレエの習い事、夏のシーズンの肌の露出で、体毛が気になるお子様に脱毛を考えているけど、子どもの脱毛って実際どうなの?肌へ影響はないの?と、気になる方の為に、キッズ脱毛のメリットデメリットをまとめてみました。

メリット

1,セルフケアよりも肌へのダメージが少ない。

T字のカミソリでのセルフケアは、肌を直接刺激するため、ダメージが大きいです。子供の成長過程の弱い肌では、カミソリ負けしてしまい、肌荒れに繋がることも考えられます。

また、毛抜きで毛を抜いていくセルフケアも、毛穴の黒ずみの原因になり、毛根がより強固なものになってしまうため、毛を無くしたい人には逆効果です。その点、脱毛は、お肌への直接的な刺激が少ないため、セルフケアを続けるよりもお肌に優しいです。

2,セルフケアより手間がかからない。

セルフケアでは、処理しても毛はすぐに生えてくるので、どうしても2,3日に1回はお手入れをしなければなりません。ですが、キッズ脱毛の場合は、脱毛をするたびに毛が薄くなっていき、最終的には目立たなくなるので、継続的なセルフケアが必要ありません。



デメリット

1,価格が気になる

昔よりは安価になってきたとは言っても、どうしても、脱毛にはお金がかかってきてしまいます。セルフケアでは、ほとんどお金がかからないため、そこと比べると価格が高いと感じてしまうかもしれませんが、長期的に見て、精神的なコンプレックスや、お手入れの煩わしさから解放されることを考えると、そこまで高くはないのかもしれません。

2,痛みや日焼けの心配

体毛が気になるといっても、まだ子どもですから、お外でたくさん遊び、小麦色にお肌が日焼けすることもあるでしょう。従来、一般的な脱毛サロンで行われているレーザー脱毛、光脱毛は、お肌の黒い部分に反応し、毛を落としていくため、日焼け肌の方は施術できません。

また、脱毛には、箇所にもよりますが、チクっとした痛みを伴うのが一般的です。その痛みが、子供に耐えられるのかは、その子次第であるかと思います。

この、痛みや日焼けの心配を払拭してくれるのが、脱毛サロンディオーネのハイパースキン脱毛です。従来のレーザー脱毛、光脱毛とは、性能が異なり、ハイパースキン脱毛では、お肌の色、毛の色、毛の濃さは関係ありません。

また、低温で行なっていく脱毛のため、痛みもほとんどありません。

ディオーネは、未就学児も脱毛に通う実績を持つ、安心安全のサロンです。



 - 文化