かわさき新聞

川崎、武蔵小杉、溝ノ口、新百合ヶ丘のローカルニュース

*

ブラインドサッカークラブチーム選手権2017が川崎で開催、3月25日と26日富士通スタジアム

   

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017

KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017が、富士通スタジアム川崎で3月25日と26日に開催される。世界ランク1位のブラジル代表も参戦するブラインドサッカー選手権。川崎市の富士通スタジアムでは2回目の開催となる。入場料は無料。

大会名:KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017
主 催:NPO法人日本ブラインドサッカー協会
特別協賛:KPMGジャパン
大会日程:2017年3月25日(土)~26日(日)
     開会式 25日(土)13時〜(予定)
決勝戦 26日(日)14時〜(予定)
会 場:富士通スタジアム川崎 神奈川県川崎市川崎区富士見2-1-9
競技クラス:B1(全盲)クラス

出場チーム

ブラジル代表(海外招聘チーム/世界ランク1位)

リオデジャネイロ・パラリンピック優勝。2004年にブラインドサッカーがパラリンピックの正式競技となって以降、大会4連覇中で世界ランク1位。クラブチーム選手権への出場は2013年に続く2回目。パラリンピック出場メンバーが来日する予定。

新潟フェニックスファイヤーズ(北日本リーグ第1位/拠点 新潟市)

2002年のサッカーワールドカップ日韓大会をきっかけに翌年結成と草創期からあるチームの一つ。北日本リーグ2016では全勝で優勝し、クラブチーム選手権は一昨年以来2年ぶりの出場。前回出場大会は第6位。

たまハッサーズ(東日本リーグ第1位/拠点 八王子市など)

FP黒田智成、田中章仁、日向賢、GK佐藤大介、菅谷竜太ら日本代表選手を多く擁する。ブラインドサッカーの可能性を追求し続ける創造力がチームの特色。第11回日本選手権で優勝。2015年の日本選手権、東日本リーグ2015、クラブチーム選手権2016準優勝。東日本リーグ2016は全勝優勝でクラブチーム選手権の出場権を獲得。

Avanzareつくば(東日本リーグ第2位/拠点 つくば市)

日本代表主将の川村怜、佐々木ロベルト泉らが所属。視覚に障害がある学生が学ぶ筑波技術大学保健科学部の在学生、卒業生が主なメンバー。チーム名はイタリア語で「前進する」の意。日本選手権優勝8回。東日本リーグ2015、クラブチーム選手権2016優勝。本大会では、大会3連覇を目指す。

ラッキーストライカーズ福岡(西日本リーグ第1位/拠点 福岡市)

2004年の設立当初からJリーグアビスパ福岡の支援を受け、コーチ陣らも一緒に練習してサッカーの競技性を探求している。2013年、2014年のクラブチーム選手権第3位。西日本リーグ2016は全勝優勝でクラブチーム選手権の出場権を獲得。

その他、2017年1月開催予定の認定カップ最上位1チーム、大会当日予選を勝ち抜いた1チームが出場。

ブラインドサッカーとは

ブラインドサッカーとは、アイマスクをつけてボールの音とまわりの声で行う5人制サッカー。B1クラス(全盲クラス)はパラリンピックの正式競技です。見えない状態でボールの位置、相手の位置、ゴールの位置を把握し、ゴールを狙うスポーツ。

下記動画は2016年決勝の模様

公式ウェブサイト

http://www.b-soccer.jp/

富士通スタジアム川崎MAP

ブラインドサッカーを知る関連図書

日本の10番背負いました ブラインドサッカー日本代表 (落合啓士 )

サッカーボールの音が聞こえる―ブラインドサッカー・ストーリー (平山 讓)

 - スポーツ