かわさき新聞

川崎、武蔵小杉、溝ノ口、新百合ヶ丘のローカルニュース

*

京急川崎踏切事故、52歳の横浜銀行員が救助中に巻き込まれて死亡

   

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

京急八丁畷駅すぐの踏切で事故発生

川崎市川崎区池田1丁目の京急川崎第1踏切で、男性2人が快速特急電車にひかれ死亡した。

川崎署が発表した事故状況によると、現場手前でタクシーから降りた77歳男性が、警報が点滅してから踏切内に侵入。

横浜銀行幹部行員の52歳男性が声かけ呼び戻そうとしたが、70代男性は戻ろうとしなかったため、行員の男性が踏切内に入り、腰の辺りに手を回して助けようとした。しかしその直後に電車が接近し2人ともはねられて亡くなった。警報が点滅から列車通過までは45秒だった。

川崎署は、踏切内で高齢男性を助けようとして巻き込まれた男性について、横浜市鶴見区尻手在住の児玉征史さん(52)と発表した。横浜銀行の人財部主任人事役だった。

事故現場

ツイッターのさまざまな反響

 - 未分類 ,