元カレに未練タラタラのダメ女物語

今や芸能人の不倫問題が頻繁にメディアに取り上げられて、世の中から猛バッシングを受けてテレビから姿を消してしまうという芸能人がよくいます。

私も芸能人の不倫ニュースを見ては、奥さんいるのに最低だなと冷酷な目で見ている1人です。

しかしそんな私でも、学生時代は彼氏がいるにも関わらず他の男の人に目がくらみ、いけない恋愛に陥ってしまった1人でもあるのです。

今回は私のいけない恋愛について記事を書かせていただきたいと思っています。

 

【高校生の初恋~大好きな彼との別れ】

 

私の初恋は高校2年の春でした。

 

クラスが違う同じ学年の男子生徒Hに一目ぼれをしてしまうことからその恋は始まりました。

 

Hくんの容姿は私の理想の男性像そのもので、初めて恋することによって胸が締め付けられて痛いということはこうゆうことなんだと知った瞬間でした。

 

私から共通の友人を通じて連絡先を聞き、順調に連絡を取り合っていく中でトントン拍子で付き合うことになったのです。

 

付き合いだしてからは毎日がドキドキの連続で、私にとって初恋が人生で1番最高で素敵な恋愛になったことは今でも変わりない気持ちです。

 

しかしそんなHくんとも2年半の交際を経て倦怠期を迎え、その時期と同じくして別々の大学への進学を重なり、私たちは別れることになったのです。

 

【Hくんへの未練が残る中での新しい出会い】

 

Hくんと別れてからは私は楽しい大学生活を送っており、たくさんの男の人たちにチヤホヤされ粋がっていました。

 

しかし別れてから1年半ほど経った時に、自分の胸にぽっかりと穴が開いていることに気づいてしまったのです。

 

気付いた時には既に遅しとはこの時の私にはピッタリの言葉でした。

 

すでにHくんには新しい彼女がおり、私はそれでも自分の気持ちをストレートにぶつけ、私とまたよりを戻してほしいと言いました。

 

Hくんの答えはNO。

 

しかし私たちは付き合っている当時はお互い本当に大好きで、むしろHくんの方が私のことをもっともっと大好きでいてくれていました。

 

Hくんの答えはNOだったけれど、Hくんは涙を流しながら、

 

「少し遅かった。もう少し早く言ってくれれば喜んでよりを戻したのに。今の彼女を傷つけることはできない。」

 

優しいHくんはそういって去っていってしまったのです。

 

Hくんへの未練タラタラな私にも新たな出会いはありました。

 

同じ大学の同じ学部で野球部のYくんでした。

 

Yくんから連絡先を聞かれ、Hくんと少し似た優しさを持ったYくんに私は傷を

癒してもらおうと、そんなに好きではなかったのですが付き合うことにしたのです。

 

【大学の卒業式後の悲劇】

 

Yくんとは約1年ちょっと付き合ったのですが、その間Hくんのことを忘れることはなく、ずっとHくんの姿を抱えながらダラダラと付き合っていました。

 

そんな私についに天罰がくだる事件が起きてしまうのです。

 

それは大学卒業式後の夜遅くに起きました。

 

Yくんは野球部の飲み会で居酒屋に行き、私はある運動サークルに所属していたためその飲み会で別の居酒屋にいました。

 

私が飲んでいる時にふと携帯を見てみると、なんとHくんからメールがきていたのです。

 

「久しぶり。元気してる?お互い卒業おめでとう。」

 

私はまた一目ぼれした時のように、胸が締め付けられる感覚があり、ドキドキと鼓動が早くなるのを感じ、

 

「会いたい」

 

そうメールを返してしまったのです。

 

Hくんにメールを返している瞬間、Yくんの顔が浮かぶことは本当に一度もなかったので、罪悪感の欠片もなかったのを覚えています。

 

会いたいという私のメールで、Hくんは私が飲んでいる場所まで本当に会いに来てくれたのです。

 

Hくんはまだ彼女と続いており、お互い彼氏彼女がいる立場ではありました。

 

それでも久しぶりにHくんを見て、私は好きが爆発してしまい自分を抑えることができない状態にありました。

 

2人で別の居酒屋に移動して飲み始めた時に事件は起きました。

 

2人で移動した居酒屋に現彼氏であるYくんが野球部の飲み会で訪れていたのです。

 

私たちの姿を見つけたYくんは物凄い威圧感を発しながら近づいてきて、

 

「誰この男?何してるの?サークルで飲んでるのは嘘だったの?ちょっと来い。」

 

私はこの世の終わりを見た瞬間でした。

 

【全てを失った私への最後の追い打ち】

 

居酒屋を一旦3人で出て、YくんはHくんへ罵っていたのだけは微かに記憶に残っているのですが、すっかり気が動転してしまった私はその状況を鮮明に思い出すことは今もできないのです。

 

私はその場でYくんに別れを告げて、Hくんと2人でホテルへ直行していました。

 

しかしお互い最悪な場面に立ち会ってしまい、あまり感情は入らないまま事だけを済ませてそのまま別れました。

 

次の日以降Hくんからも私からも連絡をすることがなく、8年くらい経った今でも連絡を一度もとっていません。

 

あの事件以来、私は高校の同級生たちから疎遠にされ誰からも連絡が来ることはなかったです。

 

なぜ高校の同級生からそれほどまでの仕打ちを受けたかと言うと、Hくんの彼女はHくんと私と同じ高校の同級生だったからです。

 

私はHくんも失い、高校の仲良かった同級生たちも失ったのです。

 

【おわりに】

 

メディアでも芸能人の不倫は最低だと猛バッシングを受けていますが、本当にその通りだと泥沼を経験した私だからこそ言えます。

 

たくさんの人たちを傷つけ、大好きだったHくんまでも巻き込み、結局は全てを失った私だからこそ今は小さな幸せを大切にしようと生きています。

 

そんな私も今は結婚し、2人の子供にも恵まれて何不自由なく暮らせているのは、まだ神様に見放されていなかったのだと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

浮気、不倫は若気の至りでは済まされない問題まで発展することもあるので、このような泥沼な選択をしないように小さな幸せをも有難く大事にすることが1番ですね。