シングルファザーとの付き合い

30代主婦のすみれです。
恋愛体質で、独身の時は常に彼氏とまではいかなくとも、常に好きな人がいるか、デートする相手がいることが多かったです。

20代後半のころに付き合っていた人は、バツイチで二人の息子さんを育てている、30代前半のシングルファーザーでした。
20代前半で結婚をし、すぐに子どもを二人授かるも、下の子がまだ3歳ごろに別れ、元奥さんが子供の引き取りを希望しなかったため、彼が引き取ることになったそうです。

もともと彼は私の友人の職場の先輩で、いわゆる合コンで知り合いました。
合コンでも、バツイチ子持ちであることを隠したりせず堂々と公言していて、バツイチ子持ちにひっかかるよりもむしろ好感が持てました。
既婚であること、彼女持ちであることを隠して合コンに参加する男性は少なくないですからね…。
最初からはっきりと知っていたので、お子さんのことなども聞きやすかったし、抵抗なく接することができたのです。

とてもフレンドリーな性格で、背は小柄でどちらかというと可愛らしいタイプの彼で、仲良しの男友達といるような感覚で付き合うことができました。
付き合うとすぐに、彼の学生時代の友人にも紹介してくれて、ステディな彼女として付き合ってくれているんだなと思ってとても嬉しかったです。
お酒が好きな彼だったので、お互い仕事の後に待ち合わせて、お酒と料理の美味しいお店に連れて行ってくれて軽く飲むのがとても楽しかったです。

でもデートをしていると、どうしてもこの人は子供を育てているお父さんなんだなと実感せざるを得ない場面がたくさんありました。
例えば、夜デートをしていると、必ず息子さんからスマホに電話がかかってくるのです。
電話で息子さんと話す彼は、私と接する時とは違う、父親の姿でした。
そして、彼が電話をしているときはいつも、なんだか息子さんたちに申し訳ないことをしているような気持ちになっていました。

はじめてニアミスで、彼の家にお邪魔しているときに、息子さんが帰ってきて出くわしたことがあるのですが、私はもともと子供に少し苦手意識があることもあり、どう接していいのかわからず戸惑ってしまいました。
まだ息子さんも小学生くらいだったので、どう自己紹介したらよいのか分かりませんでした。

付き合って数か月経つと、彼のほうから「ずっと一緒にいたい」という、やんわりと結婚を匂わす発言が見られるようになってきました。
でも私は、付き合えば付き合うほど、だんだんと息子さんたちの存在を強く意識するようになり、この人と一緒にいる=息子さんたちとも一緒にいることになるんだ、という考えが頭の中を支配していました。

そして、夏祭りに息子たちと一緒に行こうと誘われたときに、私は快諾することができず、断ってしまったのです。
その時に私は、やはり他の女の人が産んだ子供と家族になる覚悟が自分にはないのだなと気付きました。

シングルマザーの方が子連れ再婚する例はよくあると思うのですが、女性は自分の子供=自分が産んだ子、とという認識がどうしても強いので、私にはその壁を乗り越えることができませんでした。
男性は自分のお腹で子を産むわけではないので、その点女性とは抵抗感が違うと感じました。

ほどなくして私が結婚するのは難しいことを伝えると、会うのもだんだんと辛くなってしまい、結局別れることになってしまいました。
本当に二人で過ごしているときは楽しいことばかりだったし、こんな人と結婚できたら毎日楽しく過ごせるだろうなぁと思っていたので、今でももし彼とあのまま付き合っていたら・・・と考えることはよくあります。
もっと早くに出会えていたら良かったのに・・・とも思いますが、父親である彼の包容力も含めて好きになったのだと思うので、仕方がない結末だったのかなと思います。
今もまだ彼はシングルファーザーのままですが、息子さんたちももうだいぶ大きくなってきたし、将来的にいつか良いパートナーに巡り合えることを陰ながら願っています。