韓国ドラマ『愛の不時着』は現代版ロミオとジュリエット

あらすじ

パラグライダー中のアクシデントによって北朝鮮に不時着した韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)が、堅物の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)に助けてもらったことから物語が展開。韓国に戻る方法を模索しながら、北朝鮮で素性を隠して過ごすセリは、ジョンヒョクと惹かれ合っていく。しかし、2人の間には、軍の陰謀や家族の問題、そして軍事境界線という大きな壁が立ちはだかる。