韓国ドラマ『梨泰院クラス』サクセスストーリー型の恋愛ドラマ

あらすじ

主人公のパク・セロイ(パク・ソジュン)が、父の命を奪った飲食業界の王手・長家(チャンガ)に復讐するため、日本では六本木のような多国籍な町・梨泰院に小さな居酒屋を開き、長家相手に無謀な戦いに挑んでいきます。セロイを目の敵にする長家の権力者・チャン会長(ユ・ジェミョン)相手に、自らの信念を貫き、ひるむことなく戦いを挑み続けるセロイの姿には、韓流ドラマをあまり見ていなかった男性も熱狂。新たな韓流ドラマファンを獲得しました。そんな男性たちには、「私が幸せにしてあげる」と自らの力でセロイを成功に導いていく新しいタイプのヒロイン・イソと、長家に就職し、一見敵対関係になりながら自分なりのやり方でセロイを手助けするスアというタイプの異なる2人のヒロインも人気に。復讐劇だけでなく、外国人への差別や、ジェンダー問題など、現代の社会問題も取り入れた作品。劇中の音楽も話題になりサントラ盤(OST)も大ヒット。