韓国ドラマ『彼女はキレイだった』

あらすじ

冴えない容姿のせいで就職活動も上手くいかず、何をするにも周りから冷遇されてしまうヘジン(ファン・ジョンウム)。美人でスタイルもいいハリ(コ・ジュニ)とは一見釣り合わないように見えるが、2人は仲良しの大親友だ。ヘジンは人々の注目を浴びるハリを見てさみしさを覚えつつも、明るく前向きに生きていた。そんなある日、ヘジンのところにソンジュン(パク・ソジュン)からのメールが届く。彼はヘジンが幼い頃のクラスメートでお互いの初恋だった。10数年ぶりにソンジュンと再会することになったヘジンは期待に胸を躍らせるが、それもつかの間。残念なアラサー女性になってしまった自分の姿をソンジュンに見せる勇気はなく、ハリに自分の代役を務めさせるのだが・・・。