小学生の初めての生理(初潮)を迎える前に

Pocket

はじめての生理

はじめて生理がくる年齢は平均的には12~13歳。個人差が大きいので多少早くても遅くても心配はいりません。身長は152㎝、体重は42kgぐらい。10歳を過ぎて身長が150㎝に近づいてきたらそろそろくる時期と、心がまえしておくといいでしょう。

この頃になるとおりものというベタッとした粘液(ねんえき)が増えてきます。下着についてきたら、初潮が近づいてきたサインです。

肌質も変わってきます。脂っぽくなったり逆に乾燥してきたり、ニキビなどの肌トラブルもでやすくなるでしょう。人によっては髪質が変わることもあります。また、頭が痛くなったり、微熱(びねつ)が続いたり、鼻血が出たりすることもあります。

はじめて生理がきたときは、下着にうっすら血がついたり、茶色っぽいものがついたりします。

準備するもの

生理用ナプキン(昼用・夜用)

ナプキンを入れるポーチ

ナプキンの持ち運びはもちろん、ナプキンの捨て方も伝えましょう。

生理用ショーツ

月経カレンダー、手帳など

初潮から「月経カレンダー」をつけておきましょう。生理のはじまった日と終わった日にシールをつけるだけでもOK。毎月つけておけば、周期の確認ができて体の変化もわかりやすくなります。

学校で教えるもの

小学校では4年生から月経(生理)・精通(射精)について教えています。保護者に対しても「女子は生理用品をそろえておいてください」と伝えたり、生理用品のパンフレットを配布したりする学校もあります。