はじめてのBリーグ観戦!川崎ブレイブサンダースを応援しに行こう

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

本拠地・とどろきアリーナに行こう

Bリーグ・川崎ブレイブサンダース本拠地、とどろきアリーナは川崎市中原区等々力にある体育館。等々力陸上競技場がある等々力緑地内にある。キャパシティは6500席。写真左がサブアリーナと管理棟、中央がメインアリーナ。右側には川崎市民ミュージアム(美術館)がある。

img_4410

Bリーグの試合前の3時間前からアミューズメント施設やフードトラックなどがオープン。

img_4411

フードトラックは4台。近くには小型スーパーの「まいばすけっと」がある。

img_4414

とどろきアリーナのロビーには2015年NBLで東芝川崎ブレイブサンダース優勝の展示も。

img_4415

JR南武線武蔵小杉駅から徒歩25分、JR武蔵中原駅から徒歩15分

とどろきアリーナの行き方(公式)

初めてのBリーグ観戦

プロ野球やJリーグのようにお客さんがレプリカユニフォームを着たり、チームカラーの服装という光景は特になく、みなさん自由な服装。客層は家族連れや男性が多い。アリーナにはマスコットもお出迎え。開門は一般入場が試合開始の1時間半前。早い時間で席が埋まって行くので開門前には待機列に並んだ方がいいです。応援グッズなどはアリーナロビー内で販売しています。

img_4428

開門するとまず入り口で手荷物検査をし、チケットを渡します。続いてハリセンや小冊子などいただきました。アリーナでは練習をしていました。

img_4473

入場時に配られたハリセン(折りたたむとハリセンになります)

img_4425

img_4421

2016年Bリーグ元年となったホーム開幕戦は横浜B・コルセアーズとの対戦でした。バスケの試合は、1クォーター10分×4回で1試合行う。

img_4433

練習後、いったん選手は控え室にもどり、その後に選手入場。

img_4484

対戦相手の横浜B・コルセアーズ側の応援は選手の顔パネル!

20161001_150354

コートエンド席は迫力ある試合を間近で観ることができます。攻撃時には「Go Go サンダース!」、ディフェンス時には「ディフェンス!」の掛け声をMCやチアと一緒に応援する。試合前や各ピリオド終了後などにはチアによる盛り上げも。

img_4491

スタジアムMCによる試合解説などもあるので、初心者でも比較的に分かりやすい。

img_4502

試合後にはコーチやヒーローインタビューもあります。

img_4520

Bリーグの仕組みについて

B.LEAGUE(Bリーグ)は、B1(1部18チーム)、B2(2部18チーム)、B3(3部9チーム)の合計45チームが参入。1部、2部は日本プロリーグ初の試みとなる3地区によるカンファレンス制を導入をし、東、中、西の3地区に分けている。60試合(8ヶ月間)あり、上位チームが決勝トーナメントの「チャンピオンシップ」に進出。年間優勝チームを決定する。

使用するアリーナの規模も決まっていて収容人数が5000人以上でホームゲーム8割開催できることとしている。

みんなのBリーグ観戦

Bリーグ公式サイト

Bリーグ(公式サイト)

川崎ブレイブサンダース(公式サイト)

kunihirostudy