育毛剤と併用したい食事(理容のだセレクション)

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

いきなり身も蓋もないことから書きますが、食べ物に増毛効果はありません。ただ、育毛剤の効果を高める食事はあります。というわけで、ここでは育毛剤と併用したい食事を紹介します。

育毛剤が効きにくい原因は「栄養不足」

育毛をするうえで、意外と忘れがちなのが「栄養」です。
頭皮に栄養がなければ、髪の毛は健康に育ちません。
髪の毛に効果的とされる栄養素は、「タンパク質」や「ミネラル」、「ビタミン」です。
それらを多く含んだ食事を心がけましょう。

なお、サプリメントもさまざまな種類が売られていますので、育毛剤と一緒に服用することもよいでしょう。また、血流が良いと食事からとった栄養素が頭皮全体にいきわたります。
タバコには血管を収縮させる作用があるので、育毛のことを考えるならば、禁煙することをオススメします。

育毛剤と併用したい「栄養素」

髪の毛に必要な栄養素といわれているものは、以下の3つです。

・たんぱく質
たんぱく質は、人間の体や頭皮を構成するアミノ酸から形成される栄養素で、欠かすことができません。
髪の毛もその成分の90%以上が「ケラチン」という、たんぱく質で構成されています。
というわけで、髪の原料となる「たんぱく質」の摂取量が少なくなると、毛が細くなります。抜け毛や切れ毛などの毛髪トラブルが生じるので、意識してたんぱく質を摂取しましょう。

・ミネラル
ミネラルは、骨や歯などの成分になったり、筋肉や神経の調節をしたりと、体の健康維持には欠かせない栄養素です。
ミネラルのなかでも必須ミネラルと呼ばれる「亜鉛」と「ヨウ素」は、特に髪の毛との関係が深いといわれています。

亜鉛は、体内で分解されたアミノ酸を、ケラチンに再合成するときに必要な栄養素です。
また、「抜け毛の原因」といわれている「5αリダクターゼ」を抑制するともいわれています。
亜鉛は、髪の毛を健康的に保ったり、抜け毛の予防に効果があると期待されています。

また、ヨウ素は、新陳代謝に深く関わる甲状腺ホルモンの働きを正常に整えます。新陳代謝が正常に働けば、血液のめぐりが良くなります。
頭皮環境を整える効果が期待できるのです。

・ビタミン
ビタミンには、皮膚の代謝をうながしたり、細胞分裂のサイクルを正常にしたりする働きがあります。
ビタミンが欠乏してしまうと、髪や頭皮の健康が保てなくなります。

ビタミンAは、細胞の酸化をゆるやかにする効果が期待できます。
年齢による衰えの出やすい髪の毛や頭皮を、健康的に保つために必要だといわれています。

また、ビタミンB群は、細胞の代謝をうながす働きがあります。
頭皮環境を正常にし、髪の毛の成長をうながす効果が期待できます。

そして、ビタミンEには、末梢血管を広げて血行を促進させる働きがあります。
ビタミンEを摂ることで、頭皮の血行もうながされ、健やかな髪を育てるための下地ができるのです。

ちなみにビタミンは、体内で生成することがほとんどできません。
食べ物から意識して摂取したい栄養素です。

育毛剤と食事のまとめ

以上、育毛剤と併用したい食事についていかがでしたか?
たんぱく質、ミネラル、ビタミンを効果的に摂取できる食べ物は、卵や納豆、牡蠣、レバー、アーモンドなどです。バランスの良い食事を心がければ、育毛剤の効果もアップします。さっそく今日から意識してみてください。きっと効果があらわれますよ。

kunihirostudy