隈研吾設計の「角川武蔵野ミュージアム」

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

2万枚の花崗岩からできた建築物

隈研吾が設計した〈角川武蔵野ミュージアム〉はアート、文学、博物のジャンルを超えるミュージアム。2020 年11月6日にグランドオープンした。

地上5階、高さは30mの建物で2万枚もの花崗岩が使われている。中には「グランドギャラリー」、荒俣宏監修の「荒俣ワンダー秘宝館」、松岡正剛が監修、2万5000冊の本が独自の分類で並ぶ「エディットタウン」などがある。

商業施設からホテルも完備

ミュージアムの奥の建物はKADOKAWA直営の書店「ダ・ヴィンチストア」や「角川食堂」などが入った「ショップ&レストラン」。最上階はアニメやコミックなどの世界観を演出した「EJアニメホテル」がある。

浄水所の跡地を利用したもので、土地面積4万平米のなかに、文化施設と宿泊施設、書籍製造・物流工場、そしてKADOKAWAのオフィスが入る。

角川武蔵野ミュージアムは、JR武蔵野線東所沢駅から10分ほどの場所にある。

 

kunihirostudy