花粉症対策に「じゃばら」テレビで話題沸騰!効果は本当なのか?

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

テレビニュースなどで紹介され話題に

和歌山県の北山村には、自生していた自然雑種の柑橘「じゃばら」がある。由来は「邪気を払う」ほど酸っぱいことだそうだ。種がなく果汁が豊富、風味は独特な特徴で地元では宝の果実とされてきた。

このじゃばらには、他の柑橘に比べて、フラボノイドの一種である「ナリルチン」という成分が多く含まれていて、花粉症への緩和にこの成分が注目されているという。

2008年には、岐阜大学医学部が、じゃばらで花粉症の諸症状(くしゃみ、鼻づまりなど)が改善されたとの学会発表があった。



じゃばらサプリで試してみる

花粉じゃばらサプリ:奇跡の柑橘ジャバラに青ミカン成分を凝縮 1本: 1か月分270粒

  • 1日の始まりに一度に9粒おとりくださいませ。お子様の場合は、のどに詰まらせないように注意してお摂り下さいませ。和歌山県の飛び地の村、北山村産の「じゃばら」の果皮に青ミカンの果皮成分「ヘスペリジン」を加え、殻破砕花粉を加えた花粉じゃばらサプリです。 この「じゃばら」の果皮には、ナリルチンというフラボノイドが多く含まれています。
  • このナリルチンはヘスペリジンと同様、植物のフラボノイドになります。「じゃばら」に含まれるナリルチンはカボスの27倍、ユズの6.5倍とかなり多く含まれています。 この花粉じゃばらサプリは、社内モニターにおいても一番よかった配合で作っております。個人差があるかと思いますが、ぜひお試しください。
  • 「じゃばら」の産地北山村に訪問しご担当者の「じゃばら」に込める思いを伺うにつれ、高品質な「じゃばら」の生育にはこの北山村の環境が最適であり、交雑を防ぐため他の柑橘類を遠ざけていることや、ナリルチンに関する研究も進めていることなど非常に丁寧かつ精力的にこの「じゃばら」を広めようと努力されていることが伝わってきました。
  • 弊社としてもその思いに北山村産の特製じゃばら果皮を使うことで世の中の何千万ものお困りの方のお役に立てるよう高品質に心がけ製造致しております。この花粉じゃばらサプリは太陽堂製薬の製造直販品(通販限定品)です。 太陽堂製薬は大和高取にて明治八年に創業した製薬会社です。 生薬などの植物の力を引き出す製法で青ぐすりなどの製造を行っております。
  • 1日でじゃばら果皮粉末が1125㎎~1500㎎摂ることができます。9粒でナリルチン67mgとヘスペリジン235mg 270粒入りで約1か月分です。自然なものを自然なままにお届けするために、1日9~12粒と多めですが、お出かけ前にどうぞ。

飲みやすい「じゃばら果汁」ドリンクタイプも人気

すっぱくないから飲みやすい!お子様にもおすすめです。つらい花粉症の季節に毎日1杯から試してみませんか。



北山村産のすっぱくないじゃばらジュース

kunihirostudy