【理容教室】REDEN(リデン)の成分と効果

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

REDEN(リデン)は、「薄毛、かかってこい。」というキャッチコピーと、K−1チャンピオン小比類巻貴之の肉体美が印象的な薬用育毛剤です。新成分「リデンシル」によって頭皮の幹細胞に直接働きかけるというこの育毛剤、いったいどんな成分が入っているのでしょうか? さっそく見ていきたいと思います。




REDEN(リデン)とは

REDEN(リデン)は、株式会社美元から発売されている薬用育毛剤です。
この商品が「今までにない育毛剤」といわれる理由は、大きくは二つで、一つは髪毛の根元にある幹細胞に刺激を与えて育毛をうながす育毛剤ということ(従来の育毛剤は、ホルモンに直接作用するという方法でした)。そしてもう一つは、新成分「リデンシル」が含まれた育毛剤だということです。

このリデンシルは、世界最大の化粧品原料展「イン・コスメティックス」で2013年に銀賞を受賞するなど、業界からの評価が高い成分です。
ちなみに、楽天リサーチ育毛剤ランキングでも3冠第1位を受賞しているので、利用者からも支持されています。

REDEN(リデン)の成分

REDEN(リデン)は、合成保存料や香料が使用されていない無添加育毛剤です。
しかも、副作用に配慮して天然成分にこだわって作られています。

以下がその主な配合されている成分です。

・セイヨウアカマツ球果エキス
・チャ葉エキス
・アシタバ葉/茎エキス
・オタネニンジン根エキス
・オウゴン根エキス
・ハッカ油
・ルイボスエキス
・センブリエキス

ちなみに、リデンシルとは、上記の「セイヨウアカマツ球果エキス」と「チャ葉エキス」と、ほかに3つの成分をかけあわせた天然由来成分です。副作用の心配はありません。




リデンシルとその効果

リデンシルは、「セイヨウアカマツ球果エキス」と「チャ葉エキス」、「グリシン」、「ピロ亜硫酸ナトリウム」、「塩化亜鉛」をかけあわせて作られた新しい育毛成分です。スイスのインデュケイム社が開発しました。

主な効果は以下の通りです。

・EGCG2(安定化ポリフェノール)がアレルギー物質を抑制して、頭皮炎症を抑制する
・DHQG(特許取得済み分子)が毛母細胞の増殖をうながし、線維芽細胞を活性化させる

以上のように、リデンシルは毛髪のもととなる「幹細胞」に働きかけることで、発毛をうながします。
ちなみにこれらの効果は、アメリカでも多くの研究論文が発表されています。
リデンシルは、リアップ(医薬品)などに使われているミノキシジルよりも2倍もの発毛作用があるとされているのです。

REDEN(リデン)のまとめ

以上、REDEN(リデン)についていかがでしたか?
REDEN(リデン)は、90日間の定期プログラムを実施していたり、その保証期間が無期限だったりと、さまざまな購入特典があります。新しい成分によるまったく新しい薬用育毛剤、気になった方は試してみてください。



kunihirostudy