東京の再開発

有明に大型商業施設や劇団四季の劇場、ホテルなど整備

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

住友不動産が再開発

東京都江東区の有明北地区の「有明ガーデン」の概要を発表。開発面積は約10・7ヘクタール。

約200店が入居する大型商業施設や約8000人収容のホール、劇団四季のライオンキングを上演する有明四季劇場、全749室のハイグレードホテル。5種の内湯と2種の露天風呂、サウナや岩盤浴等豊富な施設。20年4~6月に順次開業予定。

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

浜松町東芝ビル跡にツインタワー計画、31年完成

浜松町駅前のランドマーク 浜松町駅の近くにある東芝浜松町ビルの建て替え計画で、21年9月に着工予定。 高さが232.5m、「S棟」が地上45階、地下3階、「N棟」が地上47階、地下3階。 総延床面積は …

日本橋再生計画、三井不動産が構想を発表

日本橋界隈の都市再生と水辺再生 三井不動産は、首都高速が地下化になった以降の日本橋再生計画を発表した。 日本橋川沿いでは今後、敷地面積約6.7ha(約2万坪)、施設の延床面積37万坪に及ぶ5つの再開発 …

赤坂で三菱地所が再開発、TBSとエンタテインメント・シティ構想

三菱地所と TBS が「国際新赤坂ビル」の共同建替え 建て替えは東京都港区赤坂2、6丁目の国際新赤坂ビルと西館。 TBS 本社・劇場・ホール・赤坂サカス等も含めたエンタティメントシティ構想として一帯開 …

東急東横店が2020年3月で閉店、スクランブルスクエアの第2期建設へ

渋谷駅再開発にともない閉店 東急百貨店は、渋谷駅で運営する東急東横店の営業を2020年3月31日で終了。 地下1階で営業する食品売り場「東急フードショー」など一部は営業を継続するが、1934年に開業し …

神宮前6丁目地区再開発、表参道に新たな商業施設

2022年完成目指す 表参道東急プラザの斜め向かいに、神宮前6丁目地区再開発が始動する。地上10階建で地下3階、商業施設のほか屋上広場、公共施設などが入る。2020年9月に着工し、22年9月完成予定。 …