東京の再開発

京王調布駅前にシネマコンプレックス、ビックカメラが2017年秋開業

投稿日:2017年1月9日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

京王調布駅周辺の再開発

京王線・相模原線(調布駅付近)連続立体交差事業により、2012年に地下化された調布駅地上部と周辺を開発し、2017年度に商業施設(3棟)を開業させる。
目玉はC館のシネマコンプレックス「イオンシネマ」。11スクリーン2100席のシネコンが誕生する。

A館は、ファッション・雑貨・レストランなどの専門店中心の5階建商業施設。B館は、「ビックカメラ調布駅前店」が2017年秋に出店。地上1階~4階の売場となる。

京王調布駅ビル

京王調布駅ビル

C館にはイオンシネマが入る。

京王調布駅ビル

京王調布駅ビル

京王調布駅周辺の再開発MAP

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

中野駅と中野サンプラザ(中野区)一帯を再開発、1万人アリーナやホテル、商業施設の駅ビルも

中野駅ビルを建て替え、モデルは大井町か JR中野駅ビルをホーム上を大きく跨ぐように建て替える。キーテナントにはアトレを誘致する計画。また、サンプリング中野など中野駅周辺を一体的に再開発。オフィス、ホテ …

宮下公園(渋谷区)を東京五輪までにホテルやカフェ、ランニングステーションなど整備

東京五輪に向けて宮下公園を整備 渋谷区が、宮下公園と渋谷駐車場を緑の拠点として整備する計画の候補事業者に三井不動産を選出。2019年度中完成を予定。 3階建ての商業施設や宿泊施設で構成する⺠間施設を計 …

東急が南町田グランベリーモール跡地に大型商業施設を2019年オープン

東急がグランベリーモール跡地に大型商業施設を開発 東急田園都市線の南町田駅前にあったグランベリーモール跡地の再開発で東急が概要を発表した。 町田市と一緒になって南町田駅、鶴間公園と一体開発を行う計画。 …

新国立競技場が2020年東京五輪メイン会場に、デザインは隈研吾氏

隈研吾デザインによる新国立競技場 2020年開催が決まった東京オリンピックのメイン会場に隈研吾氏デザインによる新国立競技場。8万人収容規模のスタジアムとなり、オリンピック使用後はJリーグなどの試合が可 …

日本橋に51階建てオフィス、ホテルが2025年誕生、野村證券ビルを保存

日本橋に超高層ビル 日本橋に隣接したエリアに、再開発ビル3棟の整備と合わせ、COREDO日本橋を改修、地区内に総延床面積約499,000㎡(日本橋一丁目三井ビルディングを含む)の施設群が誕生する。20 …