西日本の再開発

瑞穂陸上競技場(名古屋市)建て替えで3万席の屋根付きスタジアムに

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

2025年完成へ

名古屋市は2026年のアジア大会で、メイン会場となる新しい瑞穂陸上競技場の整備について、競争入札の結果、竹中工務店を代表企業とするグループが落札したと発表。

落札金額は現在のパロマ瑞穂スタジアムの解体費なども含め税別で496億円余りで、今後市議会での議決を経て、正式に契約を結ぶ。今年7月にも設計に着手し、2025年度中の完成を予定しています。

-西日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

阪急三宮駅前に29階建のホテル、オフィス、2021年春開業

阪急が三宮に駅ビルを建て替え 阪急電鉄が地上29階、地下3階の神戸阪急ビル東館を建設。ホテル、オフィス、商業施設等から構成され、このうちホテルは、阪急阪神ホテルズが展開している宿泊主体型ホテル「rem …

【福岡】百道浜にプリンスホテル、2026年春に新規開業

福岡タワー隣にプリンスホテル 福岡市早良区百道浜に基盤ブランドである「プリンスホテル」を冠した全229室のホテルを2026年春に新規開業。 全室が博多湾を臨むオーシャンビューの全229室の客室、オール …

福岡家裁跡地にインターコンチネンタルホテル&複合施設、2030年開業へ

インターコンチネンタル福岡進出 福岡市の福岡家庭裁判所跡地に外資系の高級ホテルを中心とする複合施設の開業予定があることがわかりました。 2018年の移転に伴い、福岡市の家庭裁判所跡地は再開発の対象とな …

愛知県新体育館の基本計画発表!1万5000人収容アリーナ

25年春完成予定 愛知県、新体育館の基本計画を公表。 名古屋市北区の名城公園北園に4階建て延べ約4万3000平方メートル、高さ約31メートルの新アリーナを建設する。大相撲名古屋場所や各種国際大会の会場 …

佐賀玉屋が建替えで百貨店とホテルの複合ビルに、2026年開業

佐賀玉屋が建て替え 佐賀玉屋の新本館ビルは10階建てを予定し、1~4階は佐賀玉屋の百貨店や、誘致したテナント、イベント開催スペースとする。5階から10階はホテルとし、150~180室を予定。 本館機能 …