東京の再開発

無印良品が銀座に「MUJI HOTEL」2019年春開業、「無印良品」の世界最大規模店舗も併設

投稿日:2017年7月5日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

MUJI HOTELが銀座に

読売新聞と三井不動産は銀座3丁目に複合ビルを建設。テナントとして、良品計画と小田急グループのUDSが入り、「MUJI HOTEL」を開業する。地下3階、地上10階建てで、地下1階~6階一部が店舗、6階一部から10階がホテル。

店舗部分は、「無印良品」の世界旗艦店が出店。ホテルは日本で初めての展開となる「(仮称)MUJI HOTEL」。良品計画がコンセプトの提供と内装デザインを監修し、無印良品の家具やアメニティグッズをそろえる。ホテルの設計・運営はUDSが行う。

7~10F MUJI HOTEL GINZA HOTEL客室
6F 無印良品 銀座 ATELIER MUJI HOTELフロント
5F MUJI SUPPORT、収納、ベッド、ハウスキーピング
4F リビング、キッチン・テーブル用品、こども服
3F 靴下・インナーウェア、文房具、スキンケア・メイクアップ
2F 紳士ウェア、婦人ウェア、MUJI Labo
1F 青果、食品、ベーカリー
B1F MUJI Diner

青果(1F)

関東近県の農家を中心とした全国から仕入れた、有機栽培や減農薬などこだわりを持って育てられた野菜や果物を常時30-50品目揃え、メインテーブルではそのときの旬の商品をご紹介していきます。毎日試食を行い、野菜や果物の美味しさのわけや栽培ストーリーを伝え、楽しく美味しい日々の食生活作りのお手伝いを目指します。また、生産者の方に店頭で販売していただく機会を設けたり、お客様参加型の産地ツアーも計画中です。

ジューススタンド(1F)

季節の旬なフルーツや野菜を、ご注文ごとに新鮮なジュースにして販売します。また、Café&Meal MUJIで人気の牧場直送蒜山ジャージー牛乳を使ったソフトクリームもご用意。手軽にひと息つける空間をご提供します。

ベーカリー(1F)

毎日食べたい、ロールパン。季節の素材をはさんだサンドイッチ。本和香糖を使ったクリームパンや、京都の小豆を使ったあんぱんなど、子供からご年配のお客様でたくさんの人に食べていただけるパンを店内で焼き上げて販売します。

ブレンドティー工房(1F)

有機の緑茶、ほうじ茶、ルイボス茶の3種をベースにしたブレンドティーを32種類、量り売りします。オーダーをいただいてからブレンドするので途中の工程も見て楽しめ、ブレンドしたてのフレッシュな味わいを楽しんでいただけます。

お弁当・サラダ・カットフルーツの販売、日替わり弁当お届けサービス(1F)

素材そのままの味を大切にした日替わり弁当や丼、麺、サラダ、カットフルーツなどをご用意します。また、MUJI passportアプリで当日の朝までに日替わり弁当のご注文を承り、ご指定の時間に銀座周辺(中央区、千代田区、港区)エリアのお客様にお届けするサービスを新たにスタートします。

本の仕立てサービス(4F)

本を買って読むだけではなく、カスタマイズを加えることで自分だけの一冊を作ることのできるサービスです。装丁し直したり(表紙や本体のカスタマイズ)、撮りためた写真で上製本写真ノートが創れたり、さまざまな「本の仕立て」が可能、また活版印刷機を使ったカードへの印刷も承ります。

MUJI SUPPORT(5F)

くらしの中の困りごとを承る相談カウンターです。専門スタッフが、収納の悩みから商品えらび、家まるごとのコーディネートの相談まで、理想の住まいづくりをお手伝いいたします。また、「電球を換えて欲しい」「ブラインドの掃除をしたい」などご自宅での困りごとには、アドバイザーがご自宅に伺ってお手伝いをしたりと、さまざまなサポートメニューを用意しています。

食の大切さ、楽しさを伝えるMUJI Diner(B1F)

もぎたてのトマトをまる齧りしたときの、みずみずしい甘みや酸味。無印良品が大切にしているのは、そんな「素の食」のおいしさです。B1Fには、家族や友人、あるいは一人の時間を満喫しながら、朝から晩までご利用いただけるレストラン「MUJI Diner」がオープンします。カラダにやさしく、食べて美味しい「素の食」を、ゆったりとした空間で提供することで、食の大切さ・楽しさを伝えます。朝食(営業時間:7:30~11:00)は、「1日のはじまりに、体を整える」をテーマとし、作りたての豆乳がゆ、おにぎりとみそ汁、焼きたてのパンと目玉焼きなど、シンプルでからだにやさしい朝食セットをご用意します。昼食(営業時間:11:00~15:00)は「美味しい定食」をテーマとし、毎朝小田原の漁港から届く鮮魚の日替わり定食やサラダバーを提供します。夕食(営業時間:17:00~22:00)は、「みんなで囲む食卓」をテーマとし、小田原漁港から直送された魚介類や、産地まで足を運んで選んだ肉や野菜など、素材や鮮度にこだわったお食事を提供します。

 

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

北青山の都営アパート跡地に高層ビル、サービス付き高齢者向け住宅や保育所、交流施設など

北青山三丁目再開発 東京建物、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、前田建設工業、東京建物シニアライフサポートが、北青山三丁目の都営住宅跡地に地上25階、地下1階、延床面積約35,737平方 …

JR東日本が品川駅北周辺地区開発

JR東日本は、JR品川駅北側に位置する港区の品川車両基地跡地など約6・9ヘクタールを4街区に分け、総延べ床面積85万5000平方メートルの施設群を開発する計画案を明らかにした。19年度の着工、24年度 …

横浜みなとみらいと新港ふ頭間にロープウェイ、20年度開通

横浜に都市型ロープウェイ 遊園地などを手がける泉陽興業が、みなとみらい21地区(横浜市西区)の桜木町駅前広場と新港ふ頭を結ぶ延長約630メートルのロープウエーを建設。 20年度に完了し、東京五輪期間中 …

渋谷駅「スクランブルスクエア」、屋外展望台がある超高層ビルに!埼京線や銀座線ホームも移転

渋谷駅ビルが47階建の超高層ビルに もともと東急東横線の渋谷駅ホームや東急百貨店があった場所に、東棟、中央棟、西棟の3棟を建替え。 東棟は2019年度、中央棟·西棟は2027年の竣工を予定、3棟合計で …

品川駅西口再開発計画、京急、西武、JR東日本の3案

品川駅西口再開発 国道15号の上空を活用して、品川駅西口駅前広場を整備する構想で、道路や広場などが立体的に配置された未来型の駅前空間を目指すことなどが提案された。 京急電鉄案 京急電鉄は、国際交流拠点 …