西日本の再開発

三菱重工長崎跡地に新スタジアム、ホテルなど2023年完成予定

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

ジャパネットが三菱重工長崎で再開発

三菱重工業長崎造船所幸町工場跡地(長崎市)で、優先交渉権を獲得したジャパネットホールディングスらが再開発に着手する。

JリーグクラブのV・ファーレン長崎の新スタジアム(23,000席)を核とし、36階建てホテル、34階建てタワーマンションなどを建設する。2023年完成予定。

九州新幹線が乗り入れ予定の長崎駅からも近く、街なかスタジアムとしても注目が集まる。

-西日本の再開発
-

執筆者:

関連記事

泉佐野りんくうタウンにホテル、コンベンションホール

りんくう中央公園グランド跡に 大阪の泉佐野市にあるりんくう中央公園の用地を売却し、国際観光とMICE施設を整備。敷地約2万平方メートル。 四つ星ホテルやコンベンションホール、物販・飲食店舗、サービスア …

阪急三宮駅前に29階建のホテル、オフィス、2021年春開業

阪急が三宮に駅ビルを建て替え 阪急電鉄が地上29階、地下3階の神戸阪急ビル東館を建設。ホテル、オフィス、商業施設等から構成され、このうちホテルは、阪急阪神ホテルズが展開している宿泊主体型ホテル「rem …

熊本・桜町再開発にシネコン、都市型ホテル進出

熊本城と庭続きの再開発 熊本の桜町再開発計画に、バスターミナル、商業(物販・飲食)、シネコン、ホテル、バンケット、公益施設(熊本城ホール)、共同住宅、保育所、事務所、駐車場の副業施設を建設する。地上1 …

福岡市のアイランドシティに西日本最大級アリーナ建設、5000人収容可能

西日本最大級のアリーナを建設 福岡市東区のアイランドシティに2018年12月、西日本最大級のアリーナ(室内競技場)を開館させる。地上4階建で延べ面積2万4666平方メートル。メインアリーナは3703平 …

ホークスタウンに、マークイズ福岡ももち2018年秋開業

三菱地所がマークイズを出店 三菱地所は、商業施設「ホークスタウンモール」(福岡市中央区)の跡地に、「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」を出店する発表。2018年秋の開業をめざす。地上4階建ての …