西日本の再開発

大阪メトロが、大阪万博に向けて夢洲駅プロジェクトを発表

投稿日:2018年12月21日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

未来都市のような夢洲駅

大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は夢洲駅周辺開発への参画構想を明らかにした。

総額595億円をかけて御堂筋線の9駅、中央線の6駅のリニューアルを2024年度までに完了させるとともに、新型車両の導入も予定。

2025年の大阪万博に向け夢洲周辺を開発

一方、2025年の開催が決定した大阪万博の会場となる夢洲周辺については中央線の延伸が計画。

延伸区間のコスモスクエア~夢洲間は、万博会場や統合型リゾート(IR)への入口としつつ、トンネルや夢洲駅を「エンターテイメントへの入口」として「新しい体験への期待を高め、ワクワク感を演出」するとしており、大阪を一望できる夢洲駅タワービルの建設も構想している。




-西日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

宝塚ホテル、宝塚大劇場の隣に移転し2020年開業

宝塚ホテルが移転 5階建て、200室の客室。宝塚歌劇団のディナーショーもできる大宴会場のほか、中・小宴会場、カフェレストラン&バイキング、日本料理や鉄板焼の店も出店される。2020年に宝塚大劇場の隣に …

大阪星野ホテル

大阪・新今宮駅前に星野リゾートOMO!20階建ホテルを2022年春に開業

新今宮駅前に星野リゾート進出 JR環状線の新今宮駅前の約1万4000平方メートルの敷地に星野リゾートが進出。2022年春開業を目指す。 大阪星野ホテル 客室は約608室、地上20階建、1階は車寄せや駐 …

広島駅南口の広島東郵便局跡地を再開発「KITTE」22年秋開業

広島駅前に20階建て高層ビル JR広島駅南口の広島東郵便局跡地に、地上20階建て、オフィスや飲食などの店舗、自走式駐車場が入る再開発ビルを建設。延べ床面積は約4万4800平方メートル。 開業は2022 …

西新プラリバ跡地

西新プラリバ跡地(旧岩田屋)に40階建てマンションと商業施設

西新プラリバ跡地に超高層マンション 福岡市早良区の西新エルモールプラリバ(旧・西新岩田屋)跡地に高さ140メートル40階建の超高層マンションと、4階建ての商業施設として再開発する。開発は東京建物で、商 …

中日ビル(名古屋)を31階建に建て替え、2024年完成へ

栄に31階建てビル 中日新聞社と中部日本ビルディング社は、名古屋・栄の「中部日本ビルディング(中日ビル)」の建て替えを発表。 新ビルは高さ約170メートルで、地上31階、地下4階、延べ床面積は11万3 …