西日本の再開発

大阪メトロが、大阪万博に向けて夢洲駅プロジェクトを発表

投稿日:2018年12月21日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

未来都市のような夢洲駅

大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は夢洲駅周辺開発への参画構想を明らかにした。

総額595億円をかけて御堂筋線の9駅、中央線の6駅のリニューアルを2024年度までに完了させるとともに、新型車両の導入も予定。

2025年の大阪万博に向け夢洲周辺を開発

一方、2025年の開催が決定した大阪万博の会場となる夢洲周辺については中央線の延伸が計画。

延伸区間のコスモスクエア~夢洲間は、万博会場や統合型リゾート(IR)への入口としつつ、トンネルや夢洲駅を「エンターテイメントへの入口」として「新しい体験への期待を高め、ワクワク感を演出」するとしており、大阪を一望できる夢洲駅タワービルの建設も構想している。




-西日本の再開発
-,

執筆者:

関連記事

大阪万博公園に1万5000人収容の大型アリーナ、25年度開業

2025年にアリーナ開業 大阪・吹田市の万博記念公園に、1万5千人以上が収容できるアリーナを整備する計画を大阪府が明らかにした。2025年までの開業を目指す。 場所は大阪モノレールの万博記念公園駅の南 …

大阪うめきた2期は、三菱地所などによる超高層ビルや公園

2024年にうめきた2期エリア完成 北街区は、ホテル、イノベーション施設、プラットフォーム施設、オフィス、商業施設、分譲住宅、駐車場。 南街区は、オフィス、ホテル、商業施設、都市型スパ、MICE施設、 …

神戸三宮にバスターミナルとホテル、商業施設など2025年完成へ

JR三宮駅前の大型再開発計画 神戸市中央区雲井通五丁目に、中長距離バスターミナル、神戸文化ホール、三宮図書館、オフィス、ホテルを核にした再開発。地上32階建ての超高層ビルを建設する。2025年完成予定 …

ジャパネットたかたが長崎にスタジアムシティ建設、24年春開業

三菱重工業長崎造船所幸町工場跡地にサッカースタジアム 通信販売大手のジャパネットホールディングス(HD、長崎県佐世保市)は21日、「長崎スタジアムシティプロジェクト」の実施設計・施工一括発注の競争見積 …

JR新長崎駅ビル、23年秋にマリオットホテルなどと一体開業

マリオットが長崎進出、JRが運営 2022年秋の九州新幹線西九州(長崎)ルートの暫定開業を見据え、JR九州は新長崎駅ビルについて、ホテルの開業を2年ほど前倒しし、23年秋に商業フロアと同時開業する。 …