東京の再開発

渋谷2丁目西地区の再開発、2029年完成

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

渋谷駅東口エリアの約2万9000平方メートル。2025年に着工され、2029年に完成予定。3つの街区があり、A街区は地下1階、地上5階建ての上空広場。傾斜した階段状の奇抜なデザインが特徴。

B街区は地下4階、地上41階建てのホテルやオフィス、店舗が入居する高層ビルと、約2220平方メートルの大規模広場が建設。4~9階には渋谷に訪れる多くの観光客や、ビジネスニーズの外国人への需要を満たす、国際水準の宿泊施設が整備される。地下1階にはバスターミナルが設置され、空港リムジンバスや東名高速方面を主とした、地方都市とのアクセス性を向上する高速乗合バスが利用できるようになる。

C街区には地下2階、地上41階建ての高度人材・ビジネスワーカーのライフスタイルに対応した入居施設ができる。多言語対応コンシェルジュや外国人対応の幼児施設、ワーキングスペースなども完備したレジデンス。

 

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

渋谷駅「スクランブルスクエア」、屋外展望台がある超高層ビルに!埼京線や銀座線ホームも移転

渋谷駅ビルが47階建の超高層ビルに もともと東急東横線の渋谷駅ホームや東急百貨店があった場所に、東棟、中央棟、西棟の3棟を建替え。 東棟は2019年度、中央棟·西棟は2027年の竣工を予定、3棟合計で …

東京駅からビッグサイトまで、東京都の新地下鉄計画

東京駅からビックサイトまで新路線 東京駅と有明の東京ビッグサイトをつなぐ新しい地下鉄「都心部・臨海地域地下鉄」の計画案を公表した。 地下鉄の総延長は約6.1kmで、「東京」「新銀座」「新築地」「勝どき …

芝浦1丁目に46階建てツインタワー、ホテルやオフィス、住宅など

野村不動産、JR東日本が芝浦で再開発 地上46階、地下5階、高さ約235mの「S棟」と地上47階、地下5階、高さ約235mの「N棟」の超高層ツインタワーが建設される。延床面積約55万平方メートル。 所 …

有楽町付近のKK線が歩行デッキに、2026年着工

京橋JCTから汐留JCTまでの2キロが歩行空間 東京高速道路(KK線)の歩行者空間への転換に関連し、東京都が2026年度にも建設工事に着手する見通しとなった。着工前にはKK線と接続する首都高速道路八重 …

新国立競技場が2020年東京五輪メイン会場、8万人収容の巨大スタンド

隈研吾デザインによる新国立競技場 2020年開催が決まった東京オリンピックのメイン会場に隈研吾氏デザインによる新国立競技場。8万人収容規模のスタジアムとなり、オリンピック使用後はJリーグなどの試合が可 …