100人、100通りの人生とまちの風景、キーパーソンに会いに行こう

【宮崎】日高葵(訪う)

宮崎県高千穂町を拠点に着地型ツアーや夜神楽保存と振興に奮闘する日高葵さん。

プロフィール

宮崎出身。押方五ヶ村神楽保存会所属。
東京での法人営業を経て、ラオス人民民主主義共和国の現地コンサルタント企業で勤務。2015年、宮崎へUターン後「宮崎へ世界中の旅人に来て貰いたい」という想いから多言語化コーディネーターとしてのキャリアを開始。2017年、宮崎市で法人化。海外進出サポート事業・多言語翻訳/通訳事業を行う。2020年、本社を高千穂町へ移転。着地型ツアーやオンラインツアーの企画運営をはじめ、本格的に観光事業へ参画。

大学時代にラオスを訪問

宮崎県出身で、大学は鹿児島大学に進学。社会に出る前に、社会のルールを知っておきたいと法文学部を選んだ。当時留学生が300人ほどいて、寮が完備されていた。チューターという役割でその寮に2年間住んでいた。留学生のサポートやイベントを彼らと共に作っていた。はじめから語学が得意だったわけではなく、自分の意見をうまく伝えきれず何度も悔し泣きをした日もあった。大学1年の時、地元のNPOが企画するスタディツアーに参加させてもらい、初の海外ということでラオスを訪れた。

NPO法人の活動は長期にわたり、現地の方との信頼関係がある中でのスタディツアーだったこともあり、とてもいい時間を過ごせた。しかし、自分は何もしていないただのお客さんという立場であることに、ふと気付いた。もしも自分がここに住み、例えばビジネス相手という関係になったとしても、同じ様に笑い合うことはできるのだろうか?と感じ、いつか個人で「いち住民として」ラオスに住んでみたい、と思うようになった。卒業後は商社の法人営業に就く。しばらく勤めたのちにバックパッカーで東南アジアを旅して、ラオス現地法人の会社の門を叩き、働かせてもらうことになった。

宮崎で着地型観光の会社を設立

帰国後は地元の宮崎にUターン。アルバイトをしながら、自治体や企業の海外進出や受け入れの通訳、多言語翻訳などサポート業務を開始した。個人でやってきたが業務が多種多様していくにつれ、事業の規模を大きくしたいという想いから、法人化をする。社名は「訪う(おとなう)」で、目的をもって人の家や特定の場所などを訪ねる、声を出して訪問を告げる、という意味もあり、会いにいく、目指して来てほしいという願いも込められている。国語教師でもある妹にヒントをもらった。

夜神楽との出会い

2018年に初めて宮崎の伝統文化でもある夜神楽(よかぐら)を見た。夜神楽は、里ごとに氏神(うじがみ)様を神楽宿と呼ばれる民家や公民館にお招きし、 夜を徹して三十三番の神楽を一晩かけて奉納する神事で、毎年11月中旬から翌年2月上旬にかけて、町内十九の集落で奉納されている。

『秋の五穀豊穣、冬の御魂鎮め、春の予祝』を祝う農業と深いつながりのある夜神楽を、はじめて見て衝撃と感動、感銘を受けた。神楽保存会は基本的に「奉仕者(ほしゃどん)」と呼ばれる舞手から成るため会員は男性のみだったが、日髙さんの熱意と保存会会長との出逢いもあり、女性で初の保存会会員にもなった。2020年以降のコロナ禍で観光業が大きな打撃を受けたが、オンラインツアーを企画し国内の観光客向けに商品化した。

これからどうしていきたい

高千穂のまちと暮らしを体感できる、案内人(キャスト)と共にめぐる旅「Hidden Gem Journeys」を開始した。誰もが住みたくなる旅先にして行きたい。

また夜神楽をより多くの方々に知ってもらい、ファンになっていただき次世代へ繋ぐため、裾野を広げる工夫を、知恵を絞りながら挑戦していきたい。

パッションポイント

夜神楽に関わる企画、楽の練習

公式サイト、出版物など

訪う

EN Miyazaki

Hidden gem journeys

チケット(私のできること、得意なこと)

・高千穂を案内します
・夜神楽のこと教えてます

※チケットをお願いする時、『ソーシャルタウンガイド』を見たと連絡するとスムーズです。
※コンタクトはSNSのメッセンジャーから連絡をお願いします。

お気に入りの場所(ホーム)

中畑神社

栃又の棚田

お気に入りの場所(アウェイ)

ルアンパバーン(ラオス)

シチリア島

つながり

奈良美緒(つるでつながる)

・後藤永行(visit東北)

※つながりは、紹介したキーパーソンとのつながり、または今後インタビュー予定の方です。

取材後記

奈良さんからの紹介でインタビュー。学生時代に鍛えられたという語学力を活かしラオスで仕事をしたり、地元の宮崎でツアーを企画したりアクティブな葵さん。高千穂ツアーにも参加してみたいです。(野田)

インタビュー・野田国広(編集部)
グリーンドリンクス川崎のオーガナイザーをはじめ、かわさき新聞などのWEBメディア運営、シェアオフィスのコミュニティマネージャーなどを勤める。福岡市出身、川崎市在住。
野田国広の記事一覧