Town trail Long walk 〜東京さんぽガイド

街を歩こう、街を旅しよう!駅から始まるまち歩き

*

【武蔵小杉まち歩き】東京駅から約20分で住みたい街に!川崎のイメージを変えた街に変貌

   

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

武蔵小杉はムサコか?コスギか?

武蔵小杉は、川崎市中原区小杉町と新丸子東にあるJRと東急の駅名で実際の地名では武蔵小杉というのはない。よくムサコか?コスギかという論争もあるが、地元の方はコスギという。一般的にはムサコは東京都内の武蔵小山、武蔵小金井に住んでる方々がいう略称である。元々あった工場などなくなってタワーマンションや商業施設が相次いでできている。

東急東横線の駅ビル東急スクエアには川崎市中原図書館も併設。隣には三井不動産系のららテラスとつながっている。駅から聞こえてる駅メロディはJリーグの川崎フロンターレの応援歌を発車メロディにしたもの。詳しくは川崎フロンターレ発車メロディ

映画シンゴジラにも登場した武蔵小杉のタワーマンション。

グランツリー武蔵小杉は子育て世代のメッカに

工場跡地にできたセブンアンドワイ系の大型商業施設グランツリー。西武そごう、ロフト、紀伊国屋書店、タワーレコード、GAP、ビームス、スノーピーク、アカチャンホンポ等が入ってる。

エントランスは開放的な空間に。もともと再開発前にはシネマコンプレックス誘致の声も多かったが、最有力だった109シネマズが二子玉川ライズに進出したことでシネマコンプレックスが入らなかった。

綱島街道側からグランツリーを望む。

屋上は子供達が遊べる庭園があり、4階のフードコートと合わせて子育て世代のメッカになっている。

通勤時間はカオスと化す武蔵小杉駅

住みたい街として人気である一方で10年間で一気にタワーマンションが9棟も建ってこともあり、駅のインフラが追いつかず改札口から入場待ちの行列が毎朝できるほどに。湘南新宿ライン、横須賀線が武蔵小杉駅に停車したことで、成田空港や千葉、宇都宮、大宮方面、熱海方面までアクセスできるようになった。ターミナル駅ではない駅で多方面にアクセスできる駅は全国的にも珍しい。

横須賀線の武蔵小杉駅のすぐ隣には東海道新幹線も走る。

NECの玉川事業所も駅に隣接している。

多摩川は東京と神奈川の県境

多摩川は東京都、神奈川県の間を流れてて、川崎市からは多摩川を越えるとすぐに大田区、世田谷区に入る。

丸子橋も映画シンゴジラに登場した。

川崎フロンターレの聖地・等々力

東京都世田谷区にも等々力という地名があるが、飛び地らしく多摩川が暴れ川と呼ばれ何度も濁流しながら土地を分断してきたた経緯があるそうだ。等々力陸上競技場はメインスタンドが改築されリニューアル。川崎フロンターレの本拠地として試合開催日は大いに盛り上がる。

等々力陸上競技場を多摩川方面に歩くと、川崎市民ミュージアムがある。

川崎市民ミュージアムの隣には、とどろきアリーナがありBリーグの試合も開催。川崎ブレイブサンダースの本拠地になっている。

武蔵小杉駅の反対側も再開発

今後は武蔵小杉駅の反対側(新丸子駅側)の再開発が一気に進む。現在建設中のツインタワーには1,000人収容のコンベンションホールもできる予定。

武蔵小杉ブログ

街の変化や地元視点のお店を紹介している武蔵小杉ブログは、コスギを知るには欠かせないメディアです。

 - 横浜・湘南まち歩き , ,