Town trail Long walk 〜東京さんぽガイド

街を歩こう、街を旅しよう!駅から始まるまち歩き

*

小樽運河(小樽市)の行き方と地図

   

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

小樽運河とは

ノスタルジックな雰囲気が漂う小樽運河は、北海道の人気観光スポットです。かつて開拓の玄関口として栄えた小樽港の運搬作業を効率的に行うために、艀(はしけ)を倉庫まで繋ぐ水路として大正12年(1923年)に完成しました。内陸掘ったのではなく海岸の沖合いを埋立てて造られ、緩やかに湾曲しているのが特徴です。戦後で役目を終えますが、道路計画に運河埋立てと倉庫群解体を含まれていたことで、保存に向けた市民活動が起こります。十数年に及ぶ論争の末、1986年に運河の一部を埋立てた幅の半分が道路となり、散策路や街並みが整備された現在の姿に変わりました。

運河周辺の重厚な木造石造りの倉庫群など歴史的建造物が数多く残され、「小樽歴史景観区域」に指定されています。運河に架かる中央橋から浅草橋付近がもっとも風情があり、季節を問わず多くの観光客が訪れています。

倉庫の再活用や調和した建物が続々と建ち並び、観光案内所の他にガラスやオルゴール工房、レストランや土産物店などが出店して賑わいを見せています。散策路に設置された63基のガス灯が灯る夕暮れは倉庫群もライトアップし、昼間とは違ったムードを演出しています。周辺を遊覧する人力車や運河周遊のクルーズ船も運航し、小樽運河のさまざまな魅力を引き出しています。

小樽運河の行き方

JR小樽駅から徒歩8分

小樽運河のMAP

北海道小樽市港町5

 - 東日本まち歩き