Town trail Long walk 〜東京さんぽガイド

街を歩こう、街を旅しよう!駅から始まるまち歩き

*

東京から札幌までの格安でアクセスする方法

   

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

東京-札幌の主なアクセス方法は、鉄道(新幹線&特急列車)、飛行機、フェリー(フェリー&バス)があります。

鉄道(新幹線&特急列車)

新幹線と特急列車を乗り継いで移動します。片道料金23,030〜47,560円、所要時間約8時間〜 (2017年8月時情報)。
 
東北新幹線「はやぶさ」で東京-新函館北斗、新函館北斗-札幌は特急「スーパー北斗」を利用します。移動に丸一日かかりますが、天候に左右されず定時性から新幹線を利用する人もいるようです。JR札幌駅からの起点も多く、南口のバスターミナルから札幌市と北海道内の主要都市を結ぶ高速バスや、市内線が数多く発着しています。また繁華街へ向かう際は、札幌市営地下鉄の「さっぽろ」駅から南北線または東豊線を利用すると便利です。

JR札幌駅までの割引きっぷの購入は、JR東日本のポータルサイト「えきねっと」に会員登録(無料)し、「お先にトクだ値」「えきねっとトクだ値」を利用すると良いでしょう。購入にあたって、インターネットでの予約やクレジットカードできっぷ購入、乗車日13日前までに予約・購入(「お先にトクだ値」の場合)などの条件があります。

飛行機

羽田-新千歳空港間は1日50便以上運航し、移動手段の中でも最もポピュラーでコスト面と所要時間でも優れています。片道料金6,990〜46,890円、所要時間約1時間35分 〜 1時間40分(2017年8月時情報)。

航空会社をおおまかに分けると、フルサービスの航空会社とLCC(格安航空会社)に分類されます。フルサービスの航空会社の普通運賃は基本的に割高ですが、「早割」などの割引を利用するとある程度安くすることが可能です。ただし、予約期限が設定されているため、予定が決まっている場合は早めの手続きを勧めます。またLCCの特徴はなんといっても安さで、1万円以下の運賃は破格です。ただ大体が成田空港発着のため、都心方面から向かうなら羽田空港発着路線を持つ既存の航空会社の方が利便性が高いです。
また宿泊するなら、航空券とホテルがセットになった旅行商品を利用するというのも選択肢の一つです。別々に手配するよりも安く抑えることができます。

空港へは、余裕を持った時間と費用を計算に入れる必要があります。札幌へは、新千歳空港-札幌駅はJRの快速エアポートで約40分、運賃は1,070円です。また、高速バスを使うと運賃が1,030円といくらか安く、札幌駅周辺やシティホテル前等など乗降のバス停を選択できますが、所要時間がJRより倍以上かかります。

フェリー&バス

船とバスで北海道へ向かうこともできます。片道料金8,740-44,230円(大洗と苫小牧までのアクセス費用は含めず)、所要時間約19時間(大洗-苫小牧)(2017年8月時情報)。

商船三井フェリー「さんふらわあ」が、茨城県大洗港と北海道苫小牧港を結んでいます。現在、東京駅-大洗港と苫小牧港-札幌駅の高速バス等を含めたセットのチケット「パシフィックストーリー」が発売され、東京-札幌を約10,000円で移動ができます。時間がかかる点はデメリットですが、船旅を楽しみたい人にはお勧めです。

 - 東日本まち歩き